けいけん豊富な毎日

神戸新聞杯(好走条件について)  担【けん♂】

【ならべうた『五臓六腑』】byしりあがり寿


友人がFacebookで「徳川15代将軍」バージョンを紹介していたので
ちょっと「ゆるめ~しょん」で検索してみたら色んなのがアップされているんですね。
しりあがり寿の漫画はヒゲのOLとか結構好きだったんですが、
こんなのもやっているとは・・・(^^;

神戸新聞杯(阪神2400m)は春の実績馬の復帰戦、そして
夏の上がり馬が実績馬に挑戦するレースとなります。

現在の条件に変わってからの上位馬のそれまでの実績を見てみると

★11年
1着 皐月賞1着、ダービー1着
2着 ダービー2着、青葉賞1着
3着 無敗でラジオN賞勝ち

★10年
1着 朝日杯FS1着、ダービー2着
2着 京成杯1着、ダービー1着
3着 3連勝で1000万下勝ち

★09年
1着 白百合S(OP)勝ち
2着 きさらぎ賞1着、ダービー2着
3着 朝日杯FS1着、皐月賞3着

★08年
1着 NHKマイル1着、ダービー1着
2着 NHKマイル2着、ダービー3着
3着 3連勝で1000万下勝ち

★07年
1着 朝日杯FS1着、弥生賞3着
2着 きさらぎ賞1着、ダービー2着
3着 ラジオN杯2歳S2着、皐月賞1着

とにかく、実績馬が強い!という傾向がはっきり出ています。
クラシックではダメでも朝日杯FSを勝っている馬の復活、
ということもあり、早い時期に活躍した馬にも注目したいところです。

上がり馬で勝ったのは09年のイコピコのみ。
あとは08年のオウケンブルースリ、10年のビッグウィーク、
11年のフレールジャックが頑張りましたが・・・3着まで。

好走の条件をざっと整理すると・・・

・GⅠ勝ち、もしくは複勝圏
・2、3歳重賞勝ち
・OP、1000万下勝ち(3連勝?)


こんな感じになりそうです。

今年の出走馬を見渡して見るとワールドエース、トーセンホマレボシ、
ディープブリランテ
など、本来はここで名前を見るべき馬がおらず
明らかにメンバーが手薄な印象。

上記の条件に照らし合わせると

・ゴールドシップ 皐月賞1着
・ヒストリカル 毎日杯1着、きさらぎ賞2着
・マウントシャスタ 白百合S1着
・ミルドリーム 1000万下勝ち
・ユウキソルジャー 1000万下勝ち 
・ナムラビクター 1000万下勝ち、レパードS2着(ダート)

春の実績馬と呼べる馬はゴールドシップ、ヒストリカルの2頭だけ。
ダート実績のナムラビクターは微妙かもしれませんが、
1000万下、OPを勝った馬の出番がありそうです。

ここまでメンバーが弱化するとなると、

・ベールドインパクト きさらぎ賞3着、京都新聞杯2着
・カポーティースター 1000万下2着

この辺りもギリギリ出番があるかもしれませんね(^^;

うーん、悪い意味で混戦模様。
なんとか好レースに期待したいものですが・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

仮に、ゴールトシップが負けて、フェノーメノが秋天に向かった場合の菊花賞を考えたとき、軽い頭痛を覚えるのは私だけでないはず。

そんな自体は御上が許さないっ!!

見えない力も手伝って、ゴールトシップの貫禄勝ちで決まりだと思います。
もしくは、夏を越えてベールドインパクトの大きな成長っ!!

こんな感じで考えてます(^w^)

タカジョー | URL | 2012年09月21日(Fri)12:47 [EDIT]


>タカジョーさん
見えざる手が働くかどうかは別にして(笑)
やっぱり春の実績馬には貫禄を示して
貰いたいですよね。

ベールドインパクトは明らかに京都向きで
デビュー当時から菊花賞で期待している馬。
是非ここで成長を見せてもらいたいものです(^^)

けん♂ | URL | 2012年09月21日(Fri)13:20 [EDIT]


 

トラックバック