けいけん豊富な毎日

神戸新聞j杯(展開について)  担【けん♂】

神戸新聞杯阪神2400m(外回り)でのレースになってから
まだ5回しか行われていません。

そもそも阪神2400mのレース自体があまり行われておらず
レースの特徴、というのは非常に掴みづらい状況です。

ひとまず過去の神戸新聞杯について、ざっと内容をふり返っておきたいと
思います。

★07神戸新聞杯
12.5-10.8-12.2-11.7-11.6-12.5-12.8-12.8-12.4-11.4-11.4-12.6
前半1000m 58.8
中間 400m 25.3
後半1000m 60.6

★08神戸新聞杯
12.9-11.4-12.3-12.5-12.2-12.4-12.4-11.9-11.6-11.2-11.9-12.6
前半1000m 61.3
中間 400m 24.8
後半1000m 59.2

★09神戸新聞杯
12.6-10.8-12.1-12.5-12.3-12.2-12.7-12.4-12.1-11.3-11.5-11.7
前半1000m 60.3
中間 400m 24.9
後半1000m 59.0

★10神戸新聞杯
13.0-11.5-13.2-12.9-12.5-12.2-12.7-12.1-12.0-11.6-10.6-11.6
前半1000m 63.1
中盤 400m 24.9
後半1000m 57.9

★11神戸新聞杯
12.9-11.9-12.4-12.9-13.4-13.7-12.9-12.7-11.9-11.2-10.6-11.8
前半1000m 63.5
中間 400m 26.6
後半1000m 58.2

07年の神戸新聞杯は前半がかなり速く、中盤で大きく緩んだ内容。
後半にペースアップはしているものの、加速に入るタイミングが遅く、
先行馬に余力が残りやすい展開となっています。
2着~4着は前でレースをした馬が残っており、
後方から差したドリームジャーニーはちょっと異常値とも言える爆発力を
見せた感じですね。前の馬よりも1.0~1.5秒程度速い上がりを
使えているわけで、格の違いを見せた印象。

08年の神戸新聞杯は前半から淡々と流れるペース。
緩むポイントはないものの、各馬が余力を残しつつ、様子を伺うような
感じで通過しています。
中盤に入ってもペースは緩まず、後半1000m辺りから
ペースが上がって行く非常に厳しいラップ構成
ですね。
隊列は長めで直線に入ることになりますが、最後から2番目のラップで
すでに脚が止まってきていることがわかるとおり、
余力のない先行馬が脱落する展開となっています。
位置取りでは先行馬有利ですが、実力がはっきりと問われますので
実質的に差し馬が有利な展開。
2着~4着は10番手以降からの差し馬で占められており、
1着のディープスカイだけが好位で押し切る強い内容を見せています。
前年とはまた別に、1頭だけ別次元の競馬をしたと言えそうです。

09年はちょうど07年と08年の中間のようなレース。
前半は淡々と流れる平均ペース。中盤に一旦少し緩んで
脚をためる区間を作っていますので、全体的には前の馬に有利な展開
なっています。長距離の名手、武豊騎手ならではのペース配分ですね。
2、3着は前に行った馬が残っていますが、中段後方から
次元の違う末脚を見せたイコピコはここまでの能力だとは・・・

10年は先行馬が距離延長になったことから非常に慎重に前半を進めたため、
極端なスローペースとなりました。通常は最後の直線で厳しい勝負に
なりがちですが、この年は超急流勝負に・・・展開としては
ダービーと同じイメージ。ダービー上位馬がそのままマッチレースとなったのも
当然と言えば当然の話でした。

11年は確たる先行馬が不在だったこともあり、事前の想定どおり
過去の神戸新聞杯を大幅に上回る超スローペースとなりました。
春の上位馬2頭は位置取りに不安がありましたが、これだけ遅ければ
問題なく好位をキープ。急流になった後半にさらに速い脚で捲くり上げ、
あっさりと突き抜けてオルフェーヴルが圧勝。2着にはワンテンポ
遅れて仕掛けたウインバリアシオンが入り、春の力関係がそのまま
出てしまったレースとなりました。

基本的に前の馬が有利な傾向はあるものの、道中の消耗度や
仕掛けどころによって脚が止まってしまうこともあるレース。
昨年や一昨年のように緩いペースになると決め脚勝負になるわけで
メンバーの質、先行馬の能力によってかなり大きく左右されるレースだと
言えそうです。
たとえ、緩いペースになると想定したとしても余程極端な脚質でない限り、
上位馬はしっかりと好位置を取ってくるので、基本的に穴には
期待しにくいレース。
ゴールドシップは血統的に外回りコースがどうか、とも思いますが
前につける競馬も経験しているだけに・・・逆らうのは難しいかも
しれませんね(^^;

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック