けいけん豊富な毎日

ホープフルS回顧(兄の引退に花を添える・・)  担【けん♂】

有馬記念の前、6Rにはディープインパクトの半弟ニュービギニングが
出走したホープフルS(中山2000m)が行われました。

年末の中山競馬場はかなり力のいる馬場になっており、
軽い切れ味を活かすタイプよりパワー型の馬のほうが良績を残せる
傾向がある印象。今回の出走メンバーはちょっと珍しいくらい
追い込み形の馬が揃っているのですが、果たして脚を活かせたのは・・?

予想は→ココ
結果は・・・

1着 ニュービギニング  2.01.1  上がり35.6
2着 サンツェッペリン   11/4馬身
3着 コーナーストーン
4着○クルサード
5着◎マイネルアナハイム
6着×ダイレクトキャッチ

9着×ブラックオリーブ
10△カレンナサクラ
12▲インパーフェクト

※全着順は→ココ

レースはセイウンスカイ産駒ニシノプライドがハナを切って
飛ばしていく展開。

12.4-11.1-11.3-11.8-11.9-12.3-12.5-12.7-12.4-12.7

これまで2、3番手に控える競馬でヤキモキさせてきた
ニシノプライドですが今回は父の後を継ぐかのような見事な
ハイラップを刻んで逃げていきました。
道中は12秒を切る相当厳しいペース、前につけて追走したのは
ヒカルオオゾラ、インパーフェクト、ゴールデンジュビリ
そしてブラックオリーブでした。

いつもはゆったりとしたペースでハナを切るコスモグルミット
少し離れた中段グループ。ペースについていくのがきつそうです。
その後ろには良血馬コーナーストーン、末脚を活かしたい
サンツェッペリン、マイネルアナハイム、センギョウシュフ
続いています。

かなり縦長になった陣形の後方にはダノンデインヒル、
カレンナサクラ・・・
そして最後方にニュービギニング

3コーナー手前くらいからニュービギニングが前に進出を開始しました。
大きなストライドでかわしていく姿がディープインパクトを彷彿させる
ように見えたのは私だけではないと思います。

直線に入ってハイペースで脚を無くした先行馬がことごとく
自滅していく中、2番手からヒカルオオゾラが抜け出そうとしますが
やはり力は残っておらず後方の馬に飲まれていってしまいました。

一団となって前に襲い掛かったのはクルサード、マイネルアナハイム、
コーナーストーン、そしてサンツェッペリン。
休み明けのコーナーストーンは前走では力を発揮したとは言い難く、
能力は不明でしたがさすが良血(^^;力がありますね。

サンツェッペリンはレベルが高かった百日草特別で2着に
飛び込んできた馬、前走のエリカ賞では案外でしたが
やはり高い能力があります。追える騎手が騎乗したら要注意!
五十嵐騎手は今回好騎乗だったと思います(^^)g

しかしもっと凄い馬がいました・・・。

ニュービギニング

新馬戦はまれに見る超スローペース、とても評価出来る内容ではないと
見切ってしまいましたが・・・申し訳ありませんでした(笑)

外を回して加速された脚はまったく他馬を寄せ付けない
素晴らしい切れ味!
今回はハイペースで周りの脚が鈍っている中、1頭だけ
脚を失わずに力のいる中山競馬場の馬場を駆け抜けたのは高評価。

見事に差し切って兄のレースの前を盛り上げてくれました(^^)g

このレースを採点するとしたら
評価A ニュービギニング
評価B サンツェッペリン、コーナーストーン
評価B’ダイレクトキャッチ(距離短縮が望ましい)
評価C クルサード、マイネルアナハイム、カレンナサクラ(牝馬限定)

こんな感じでしょうか。
ここにあげた馬は馬場状態や距離変更などでもっと力を出してくる
可能性のある馬ではないかと思います。
もし出てきたら要注意!(^^)/

予想以上にレベルの高い好レースとなったホープフルS。
上位に来た馬は今後につながる結果となりました。

これからが2歳馬(来年3歳)たちにとって正念場!
クラシック、そしてその先に向けて頑張っていってもらいたいものです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ニュービギニングが本当に強いのか,
今後じっくりと見ていきたいと思います。
父の血がはたしてどう出るのか,
不安な点がなくはないですが・・・。
まずはホウホーと勝負ですね!!

月夜の星 | URL | 2006年12月25日(Mon)11:50 [EDIT]


ニュービギニングのレースは微妙といえば
・・・微妙なんですよね(笑9
今回の勝因は
・前の馬がハイペースでつぶれた
・後方からの馬の脚が馬場、ペースで鈍った
という2つが大きいと思います。
上位クラスとの対戦を見てみないと
まだなんとも言えない感じかも(^^;
まぁハイペースを体験できたこと、
それに対応して突き抜けれたことなどは
評価して良さそうなんじゃないかと。

弟が取ったコース取りを兄がそのまま
転用していたのが面白かったです。
もしかして馬場の外目って馬場状態が
凄い良かったのかも・・・。

けん♂ | URL | 2006年12月25日(Mon)19:48 [EDIT]


 

トラックバック