けいけん豊富な毎日

小倉記念(各馬分析1)  担【けん♂】

小倉記念(小倉2000m)出走予定馬について見ていきたいと思います。

アスカクリチャン】牡5 57.0 (栗東) スターリングローズ×(ダイナレター)
年明けからの重賞連戦で壁に当たった感もありましたが、
前走の七夕賞では好位から外にスムーズに出して差し切り勝ち。
基本的にはためてなんぼ、という馬ですが、七夕賞にしては
中盤に緩んだことが良い方向に出た感じでしょうか。
小倉で走るのは新馬戦(3着)以来、七夕賞以上に中盤に緩みがない
レースになりがちなだけに適性的には合わないかも。

エクスペディション】牡5 55.0 (栗東) ステイゴールド×(Lyphard)
小倉では連勝がありますが、中日新聞杯(小倉開催)では4着、
小倉大賞典では10着と重賞では壁にぶつかってしまっています。
少頭数だとある程度前に寄せて行けますが、多頭数だと後手を踏みがち。
今回はフルゲート割れしそうなので良い位置を取れたら
もう少しやれそうです。夏場の方が良さそうですし、叩いての良化にも期待。

エーシンジーライン】牡7 57.0 (栗東) Giant’s Causeway×(Danzig)
中盤にペースを上げて、後続を引き離して先行した小倉大賞典では
後続の追い上げをクビ差でしのいで重賞制覇。
ここ3戦は安定して先行出来ており、今回もペースを握ることに
なりそうですが、末脚はかなり鈍く余程上手くハマらないと
厳しそうです。

オートドラゴン】牡8 54.0 (栗東) キングヘイロー×(ジェネラス)
11年の大阪城Sで3着に入っており、年齢の割には頑張っていると
思いますが、それ以降は馬券圏内はなし。
古馬になってから小倉でも好走はなく、適性的にも微妙。
以前より前につける競馬が出来ている点が一応評価出来る点でしょうか。

ゲシュタルト】牡5 57.0 (栗東) マンハッタンカフェ×(エンドスウィープ)
自己最大体重となっていた京都記念から▲14kgと絞って
前走で復帰しましたが、中身はまだ出来ていなかった様子。
小倉で行われた10年、11年の中日新聞杯では3着、2着と好走しており、
適性的にはバッチリ。相手関係を考えるとここでも上位争いは
十分に出来そうです。絞った分、状態が上向いていることに期待。

サトノパンサー】牡4 52.0 (栗東) キングカメハメハ×(サンデーサイレンス)
小倉2000mでは2勝、2着1回、あとは重馬場で4着1回と好成績。
それなりにキレる脚を使う馬ですが、どちらかと言えば道中に緩みがある
レースの方が力を発揮出来ている印象。
中段からになりやすく、機動力を発揮出来るのは相手が止まったとき。
斤量も軽くなって適性を活かせそうですが、上位馬との力関係を考えると
過剰な期待はしにくいかと。

セイカアレグロ】牡7 48.0 (美浦) ブラックホーク×(ダンシングブレーヴ)
函館記念では積極的にハナを切って最後は失速し7着。
今回も先行争いになりそうですが、脚を残せるとは考えにくく
展開を左右するだけに終わりそう。

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック