けいけん豊富な毎日

クイーンS(各馬分析2)  担【けん♂】

クイーンS(札幌1800m)出走予定馬の各馬分析、第2弾です。

ナムラボルテージ】牝5 55.0 (栗東) グランデラ×(フレンチグローリー)
このところの好走は重馬場もしくは北海道に偏っており、
上がりが掛かる競馬でこそ、という実績。
前につけるスタイルではあるものの、他馬の脚が鈍らないと厳しい感じです。
少し落としていた馬体を前走で大幅に増やしており、
今回はマイナス体重ならば状態自体は良化が望めそう。

ピュアブリーゼ】牝4 55.0 (美浦) Monsun×(Peintre Celebre)
昨年のオークスでは逃げ粘って2着と健闘しましたが、
秋の復帰戦では厳しいペースにやられて12着と大敗、秋華賞でも17着に敗れ、
休養明けのレースでは22kgと大幅に増量したこともあって道中で早々と
脚が止まって最下位と低迷中です。
元々馬格が極端になかっただけに、増量自体はプラスになりそうですが
馬体を活かす競馬が出来るようになっているかは不安がありそう。

フミノイマージン】牝6 57.0 (栗東) マンハッタンカフェ×(Dixieland Band)
後方からの脚質の割にこれまでに勝った重賞の内、2つは小倉、阪神内回りと
なっています。前走のヴィクトリアマイルでは後方で溜め過ぎて
不発に終わりましたが、機動力を活かす競馬も出来るので
流れが速くなるようなら出番があるかも。
実績では抜けて上位、年齢的には不安がありそうですが
侮るのは危険かもしれません。

ミッドサマーフェア】牝3 51.0 (美浦) タニノギムレット×(Kingmambo)
フローラSを圧勝し、オークスでも1番人気に推されましたが
まさかの13着と大敗。馬体のシルエットはウオッカに似ている
雰囲気があっただけに、休養を挟んでの成長に期待したいところです。
脚質的には広いコース向きなだけに、レースへの適性は微妙。
能力でどこまでカバー出来るか・・・。

ラブフール】牝5 55.0 (栗東) ゼンノロブロイ×(エルコンドルパサー)
中段辺りから切れのある脚を使う能力馬。パールSでは勝ち馬以上の
脚を使いつつも届いておらず、詰めの甘さが難点となっています。
前走でも前と脚色が同じになってしまい、届かず。
上手くハマればもう少しやれそうな感じがある馬ですが、
現状では穴候補の一角まで。位置取りが後方になるようだと厳しそうです。

レインボーダリア】牝5 55.0 (美浦) ブライアンズタイム×(ノーザンテースト)
前につけて流れに乗れたときには好走がある馬ですが、
上位馬相手だと微妙に位置取りが悪くなりがち。
休養明けが良くない馬なのでヴィクトリアマイルの大敗は
仕方ないところ、叩いて良化が期待出来る今の方が
状態面では上だと思われます。洋芝適性には期待出来そうなので
内枠に入れば・・・

レジェンドブルー】牝6 55.0(栗東) ステイゴールド×(ミスターシービー)
札幌では(3-4-0-3)、掲示板を外したのは1回だけと
安定して好走しています。前につける脚質ですが、前走のマーメイドSで
失速しているように底力は不足気味。年齢的にも上積みはなさそうですが
上手く流れに乗れたら紛れ込みも・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック