けいけん豊富な毎日

アイビスSD(斤量負担分析)  担【けん♂】

アイビスSD(新潟1000m)について、時間がなくなってきましたが
もう少し考えてみたいと思います。

実質斤量負担
アイビス斤量負担

過去のデータ的には基本的に馬格がある方が優位ではあるものの、
460kgを切らなければ大丈夫、という数字。

今回は

・ジュエルオブナイル
・コパノオーシャンズ
・エーシンヴァーゴウ
・ビウィッチアス
・ハクサンムーン
・アフォード(ギリギリ)


といった馬が460kg以下のゾーンに該当してしまいます。

昨年の勝ち馬エーシンヴァーゴウは中間で増量しているようなので
おそらく460kg以上で出てこれると思われますが
他は・・・馬格的には要注意となってしまいます。

実質斤量負担に直した場合は、今年も12.5%を超えるような馬は不在。
12.0~12.5%に該当する

・ジュエルオブナイル
・アフォード
・コパノオーシャンズ
・エーシンヴァーゴウ


に関しては・・・ヒモまで、という評価に止めておいた方がいいかもしれません。
やっぱりハンデとの兼ね合いが微妙ですね(^^;

最も優秀な成績となっている11.0%を切る馬は

・オウケンサクラ
・パドトロワ


11.5%を切る馬に関しても斤量負担の面では期待出来そうです(^^)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック