けいけん豊富な毎日

CBC賞(中間雑感)   担【けん♂】

忙しいに越したことはない、とは言いながらも先の見えない連闘続きに
ちょっとバテ気味のけん♂です。
先ほど鼻毛を抜いたら白髪でした・・・ってこれは年齢の問題か(爆)

夏競馬に入り、身の回りの競馬好きの連中のテンションも下がり気味。
やっぱり競馬ってギャンブルの側面だけでなく、強い馬同士の激しい
ぶつかり合いが観てみたい、というロマンの要素もあるんだなぁと思います。

あんまり馴染みのない(というと失礼ですが^^;)下級条件から
上がってきた馬や、いつから走っとんねん!というようなお達者クラブ的な
高齢馬なんかが名を連ねてもどうしても盛り上がりに欠けるのは否めません。

実際には先日の宝塚記念のように力のある馬が集まってしまうと
配当はどうしても少なくなってしまうわけで、ギャンブルの魅力で
言うのならば、荒れやすい夏競馬の方が面白かったりもするんですけどね。
・・・まぁ当たれば、ですが(笑)

CBC賞(中京1200m)は密かに狙おうかと思っていたミトラが回避(涙)
さらにテンションが下がっていますが、ちょっと頭を整理しておきたいと
思います。

高松宮記念の結果からすると、
・1400m実績に注目
・パワーがいる
・大型馬優勢
・前で残るのは実力馬
・外を回す差し馬が有力
・外枠優勢


こんな感じの傾向があるようです。

ひとまず実績、実力的に上位評価出来そうなのは
・ダッシャーゴーゴー
・マジンプロスパー(休養明けはマイナス材料)
・グランプリエンゼル(馬体はちょっと仕上がり不足かも?)


この辺りになりそう。

個人的に期待感をもっているのは・・・

・オウケンサクラ
・スプリングサンダー


スタミナに問題が無い上に実績的にもこのレースが合いそうです。

さらに穴っぽいところでは・・・

・コパノオーシャンズ
・オールブランニュー
・シゲルスダチ


なんかにちょっと欲ボケ心が刺激されています(笑)
上手く外枠に入って末脚を活かせそうならヒモ荒れ狙いも
楽しめそうです(^^)

当てモノっぽいレースではありますが、もう少しゆっくり
考えてみたいと思います♪

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック