けいけん豊富な毎日

CBC賞(展開分析)  担【けん♂】

例年だったら宝塚記念のあとは函館SSでしたが、今年は開催メニューが
色々と変更になっているので、CBC賞とラジオN賞となっています。
今後を見据えてラジオN賞も楽しみではあるのですが、ひとまず
今週はCBC賞(中京1200m)について考察していきたいと思います。

【旧コース】
旧中京1200m

【新コース】
新中京1200m

中京競馬場は改装のため、大きく構造が変更になっています。
CBC賞も過去データは使えない状況というのが悩ましいところ・・・。

まずは構造について変更点を中心にざっと見てみたいと思います。
最初の直線が100mほど短くなっており、すぐにカーブに突入する、
ということ、そしてやはりカーブの手前ですでに下り坂に入っている
というのは非常に大きなポイントになりそう。
新コースになった場合はコースにある程度慣れた騎手、というのは
かなりのアドバンテージだと考えて良さそうです。

猛加速して下りながらカーブしていく・・・という予測をしていましたが
実際にはそれほどでもなく、2ハロン目は速くなっても3ハロン目で
直線に設置された上り坂を意識してか、少し脚をためるように
ペースを落とすことが多いようです。
高松宮記念でも前半3ハロンは34秒台と落ち着いていました。

先行するなら内枠が圧倒的に有利かも
オープン前に試し乗りした騎手がコメントをしていましたが、
外から大きく回した方がスムーズにカーブに入れるようです。
その場合、内の馬は閉じ込められてかなり厳しい競馬になるかもしれません。

同様に差し馬(追い込み馬)は内枠に入ったら非常に厳しそうです。
外から被せられて大きく遅れる上にカーブで前に詰めることも出来ず、
直線でも外に持ち出しにくい・・・。

スタートから高低差約3mの下り坂をずっと下って行く構造ですが
コーナーにはバンクがつけられており、外を回した馬の方が
勢いをつけて急坂に入っていける形になっています。

下級のレースでは内を通って先行した馬が外を回した差し馬に飲み込まれる
という光景をよく見かけましたが、上級になってくると前半がそれほど
速くならない分、力のある先行勢の脚が止まらず、外からの馬と
ゴール前で接戦になる・・・という感じになりそうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック