けいけん豊富な毎日

宝塚記念(展開想定)  担【けん♂】

宝塚記念(阪神2200m)の枠順を見ながらざっと展開について
考えてみたいと思います。

ひとまず逃げると表明しているのは・・・ネコパンチ。
大外枠に入ってしまいましたが、構わず行く!という強気の発言。

トゥザグローリーも8枠15番と外になってしまいましたが
ネコパンチが行くのであれば一緒について行くように前へ。
前走の内容からすると昨年のアーネストリーをイメージした騎乗に
なりそうです。

ホエールキャプチャも合わせて上がって行きたいところ。
前々から外に出すようなイメージでしょうか。

前走では先行すら出来なかった(しなかった?)アーネストリーは
外の馬を行かせて好位につけたいところ。

同じくビートブラックも前走の再現狙いで前へ。
ただし、今回は先行集団が形成されそうなだけに楽な競馬は
出来そうもありません。

最内に入ったウインバリアシオンは本来は大きく下げて外を回したい馬。
ただし、岩田騎手が新しい面を引き出す騎乗をしたいのなら
好位の後ろ辺りで踏み止まりたいところ。
内を抜けるか、外を回すか大きく選択が分かれそうです。

ショウナンマイティは後方から外を回す形。

ヒットザターゲットも下げて中段辺りへ。

マウントシャスタは川田騎手に乗り代わり。
積極的に行くのであれば好位の後ろ辺りでしょうか。

スマイルジャックは後方へ。

エイシンフラッシュは内田博騎手に戻りました。
11年の大阪杯では中段からの競馬で及ばず・・・
その頃よりも成長しているとは思いますが、今回も位置取りは
中段後ろ辺りになりそうです。

ルーラーシップは外の馬を行かせて中段に構える感じになりそう。
どのタイミングで外に出していくのか注目ですね。

ナカヤマナイトは内外と前に行く馬に挟まれて、いつもよりも
少し後ろくらい。中段から内を抜ける感じになりそう。

オルフェーヴルは・・・難しいですね。
池添騎手がどれくらい怯えを振り払っているかで位置取りも
仕掛けどころも変わりそう。
挑戦者の気持ちで乗れるのであれば中段前をキープして行きそうですが・・・

フェデラリストは蛯名騎手に戻り、中段からの競馬で脚を活かす感じ。

モンテクリスエスは後方へ。

スタート直後のおおよその位置取り
宝塚想定

早めにバテ始めるネコパンチをトゥザグローリー、ビートブラックがかわし、
馬場中央に出して逃げ込み態勢。
アーネストリーは少し遅れ気味に追走。

ホエールキャプチャは外出して追い出し、同じく外を回してルーラーシップ。
その後ろをオルフェーヴルが捲くり上げる形。

ウインバリアシオンは好位からなら内狙い、ナカヤマナイトが続く感じ。
大きく下げるのであれば、ショウナンマイティと同様、少し遅れて
直線に入る形で大外一気狙いになりそう。

エイシンフラッシュ、フェデラリストはオルフェーヴルの後から
直線に入って行く感じになりそう。追いかけて・・・どこまで届くか。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック