けいけん豊富な毎日

宝塚記念(騎手データ分析)   担【けん♂】

宝塚記念(阪神2200m)に騎乗する騎手のデータを見ておきたいと思います。

騎手データ
宝塚騎手

・支持率:3番人気以内に支持された率
・達成率:3番人気以内の馬を3着以内にもってきた率(信頼度)
・穴馬率:4番人気以下の馬を3着以内にもってきた率(剛腕度)
・実質複勝率:人気に関係ない実質的な複勝率


※データは10~11年の騎乗成績(茶色で囲った騎手は07年の騎乗成績)
 達成率は60%以上が高評価、50%未満は低評価
 穴馬率は20%以上が高評価、16%未満は低評価

まずは上位人気になりそうな馬(騎手)から。

福永騎手は過剰人気気味な傾向もあって、阪神内回りコースでは
人気を裏切る傾向が出ています。
ただし、実質的な複勝率の数字はトップクラスなので、実力は高く
評価してよいと思われます。
中距離の成績も安定しており、馬の力を活かす騎乗が出来そうです。

池添騎手は人気馬に乗ったときには阪神内回りもこなしており、
中距離での信頼度も非常に高くなっています。
ただし、実質的な複勝率はそれほど高くないので過信は禁物。
今回は腹を括った騎乗が出来るかどうか、騎手生命に関わる
大事なレース
になるかもしれませんね。

ウィリアムズ騎手はこのところの成績が異常に良過ぎて
期待度が大幅に上昇していますが、過去の阪神内回りの成績は
かなりダメな部類(爆)
先週のマーメイドSではしっかりと結果を出しているだけに、
大丈夫だと思いますが、データ的には過剰な期待は出来ません。

穴騎手として期待出来そうなのは・・・
・蛯名騎手(フェデラリスト)
・川田騎手(マウントシャスタ)


どちらも阪神内回り、中距離で穴をあける傾向を見せていますし
成績自体も優秀です。

蛯名騎手はこの条件でも穴でこそ、という騎手(笑)
阪神内回りコースでの成績はそれほど高くありませんが、
大阪杯で1番人気を背負った馬の割に人気を落とし過ぎるフェデラリスト
というのは不気味ですね(^^;

川田騎手も斤量ハンデが大きい3歳馬、という点が怖いところ。
思い切ったレースが出来れば・・・一発の魅力はあるかもしれません。

あとは・・・横山典騎手、岩田騎手、浜中騎手、柴田善騎手が穴候補に該当。

横山典、柴田善騎手は阪神内回りでの騎乗回数自体が少ないので
(柴田善騎手のデータは古いですし:爆)数字の信頼度は低め。
それでも横山典騎手は成績的にトップ評価ですし、
柴田善騎手もナカヤマフェスタで穴をあけた実例があるだけに侮れません。

岩田騎手は阪神内回りでの騎乗回数も多いですし、その中でこれだけの
数字を叩き出しているのは評価出来るところ。

浜中騎手は成績自体はそれほど良くありませんが、
内回り>外回り、という傾向を見せています。
中距離でも穴をあけているので注目したいですね。



うーん、内田博騎手は阪神内回りの成績が極端に良くないですね・・・
馬の出来の良さを活かせるかどうか、不安があるかもしれません(>_<)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック