けいけん豊富な毎日

宝塚記念(脚質マップ分析1)  担【けん♂】

宝塚記念(阪神2200m)は雨に降られやすいこともあって
基本的にキレよりもパワーを要求されることが多いレースだと考えられます。

改装前のデータを含みますが宝塚記念の上位馬の上がり3ハロンを見てみると

・11年
1着 35.1 2着 34.5 3着 34.7

・10年 稍重
1着 35.8 2着 36.3 3着 36.6  

・09年 良
1着 34.3 2着 35.0 3着 34.8

・08年 重
1着 37.3 2着 36.9 3着 37.2

・07年 稍重
1着 36.2 2着 36.6 3着 36.5

・05年 良
1着 35.7 2着 35.2 3着 36.1

・04年 良
1着 36.1 2着 36.2 3着 35.1

・03年 良
1着 36.0 2着 35.6 3着 37.0

・02年 良
1着 34.7 2着 34.5 3着 35.1

・01年 良
1着 35.1 2着 35.0 3着 35.4

33秒台で走った馬はおらず、のべ30頭中、34秒台で走った馬は6頭だけ
そのうち34秒台前半を記録したのは1頭のみ。
馬場状態が相当良くても34秒台後半、少し傷めば35秒台、もしくは36秒台に
なってしまうレースだと考えて良さそうです。

今年の場合はちょうど週前半に台風が来ているので、週末は台風一過
ということで天気は回復しそうですが、タイミング次第で
湿った馬場
になるかもしれません。

ひとまず、これを念頭に置いた上で過去の宝塚記念における上位馬を
脚質別に分類してみたいと思います。

昨年は良馬場で勝ったレースの上がり3ハロンをマッピングしましたが
今年は複勝圏に入ったレースでの最速値と最遅値をとってみました。

最速値は軽い馬場でキレ味のある脚が使えるかどうかの目安、
最遅値は上りが掛かる馬場状態で力強い脚が使えるかどうかの
目安になると考えられます。

脚質マップ:宝塚記念】
宝塚記念MAP1改

青丸→勝ち馬、赤抜き→2着馬

見事にほとんどの馬がスピードとパワーを兼ね備えた象限に集中。
基本的にはスピード能力はかなり重要で、33秒台の末脚を使った実績には
注目したいところ。

メイショウサムソンは1着条件にするとスタミナに偏った象限に
入ってしまいますが、速い上がりで複勝圏に入ったことがありました。

逆にスイープトウショウ、ブエナビスタなどはキレ味に偏った傾向が
出ていましたが35秒台の上がりで複勝圏に入ったことがあり、
パワー不足ではありませんでした。
特にブエナビスタは後方一辺倒から脚質転換をしていた点も
影響があったと思われます。

33秒台、35秒台どちらでも好走があるような馬が有力視出来そう。
今回の出走予定馬についても次回、まとめてみたいと思います。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

これは面白い!

こんばんは。

時々ブログを拝見している者です。

このマッピングは非常にユニークで面白いですね。
色々示唆するものがありそうで興味深いです。

大変参考になりました。
ありがとうございました。
これからもブログ頑張ってください。

通りすがり | URL | 2012年06月22日(Fri)21:33 [EDIT]


>通りすがりさん
ありがとうございます(^^)

まだ試行錯誤の段階なので微妙ではありますが
これで今年も同じ象限の馬で決まるようなら
来年はこれ中心でまとめていくつもりです。

よかったらまた覗いてやってください。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします(^^)

けん♂ | URL | 2012年06月23日(Sat)00:11 [EDIT]


 

トラックバック