けいけん豊富な毎日

土曜日の2歳戦回顧   担【けん♂】

土曜日に行われた2歳戦についてふれておきたいと思います。

ひいらぎ賞】中山1600

注目はレースドール、初戦はウオッカに屈したものの2戦目で
あっさり勝ち上がり。前評判も高い期待馬です。
他には東スポ2歳Sから距離を短縮してきたトーセンクラウン
オペラハウスにダンシングブレーヴという配合はメイショウサムソンと同じ。
どちらかというと距離が伸びたほうが良さそうな馬なんですが・・。

クロスホーリーが引っ張ったレースはかなり速めのラップ。

12.3-11.2-11.5-11.5-12.0-12.1-11.8-12.3

このペースに悲鳴をあげた先行馬は直線で脚が残らず次々に脱落。
代わって前に出たのは徐々に位置をあげて4番手辺りを追走していた
カタマチボタン。レベルがあまり高くないと思われる赤松賞の
2着馬です(赤松賞の回顧記事は→ココ

2馬身ほど離したカタマチボタンを外側からレースドールが
追い込みますが道中は後方待機(蛯名スペシャル:笑)で
長い脚を使わされてイマイチ手応えが足りない感じ。

内を突いたのはトーセンクラウン。
後方から上手く馬群をさばいて割って出てこれたのは高評価!
切れ味に疑問があった馬ですが今回はメンバー最速の上がり(34.7)で
カタマチボタンに詰め寄りますが一歩足らず!

センス良く抜け出しを決めたカタマチボタン。
ルメール騎手の好騎乗が光りました。
それぞれに今後の手応えをつかめたレースだったのではないかと
思われます(^^)g

1着カタマチボタン  1.34.7 上がり35.6
2着トーセンクラウン 11/4
3着レースドール

※全着順は→ココ


さざんかS】阪神1400m
注目は新馬戦をセンス良く勝ち上がったフローラルカーヴ
前評判も高い馬ですね。
テイエムオペレッタは前走でジャングルテクノに離された3着に
終わりましたが未勝利戦では好タイムで圧勝している期待馬です。
バンビーナピノは前走で大敗を喫しましたが末脚に魅力がある馬。
坂のあるコースは苦手のようですが・・

レースはエイシンイッキ(福永騎手)が積極的に飛ばします。
これまでは2~3番手に控える競馬でしたが
調教師から「前にいけるならハナを切ってもいい」という指示を
もらって気分良くグイグイとレースを引っ張りました。

12.4-10.9-11.6-11.5-11.4-11.6-12.2

道中でまったく緩めない厳しいペース。
後方の馬に脚をためる隙を与えません

直線に入っても脚色は衰えずエイシンイッキがその名の通り
一気の押し切り勝ち。
2着は2番手を追走したテイエムオペレッタ。
最後はちょっと離される感じで限界を見せてしまった印象です。
フローラルカーヴは後方4番手からの追い込み。
メンバー最速の34.5の脚で詰め寄りましたが
時すでに遅し・・・クビ差の3着でゴールイン。
▲10kgと大きく馬体を落としてきているので
あまり無理せず今後に備えてもらいたいものです。

1着エイシンイッキ   1.21.6 上がり35.2
2着テイエムオペレッタ 11/4
3着フローラルカーヴ

※全着順は→ココ


両レースとも優秀な勝ち時計で決着しています。
ペースも速く、今後につながるレースだったのではないでしょうか。
上位の馬は次走に注目ですね!(^^)g

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック