けいけん豊富な毎日

天皇賞春回顧(膾を吹く・・・)  担【けん♂】

久しぶりにすっきりと晴れた週末となった京都競馬場で
天皇賞春(京都3200m)が行われました。

なんと言っても注目はオルフェーヴル
前走は負けたとはいえ、異次元の能力を見せていたわけで
気性の荒さと高い能力は正に諸刃の剣。
果たして今度こそキレるのか、それとも気持ちがキレてしまうのか・・・

予想は→ココ

結果は・・・

1着 ビートブラック   3.13.8  上がり36.5
2着○トーセンジョーダン   4馬身
3着△ウインバリアシオン
4着×ジャガーメイル

11◎オルフェーヴル
15▲ローズキングダム

※全着順は→ココ

;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ イケゾエナニシテンダヨ・・・

スタート良く飛び出したビートブラックを外からかわして
ゴールデンハインドがペースを握る展開。
離れた3番手にナムラクレセント、さらに離れてユニバーサルバンクが
3番手集団の先頭。

トーセンジョーダンが中段(集団の中では好位)につけ
ギュスターヴクライがその後ろ・・・少なくともオルフェーヴルの
後ろからでは話にならないわけで、蛯名騎手もしっかり考えてきていますね。

ウインバリアシオンも中段後方をキープ。
ジャガーメイルが続き、ヒルノダムールはその後ろ。

後方2、3番手にオルフェーヴル・・・折り合いに専念することを
考えて馬群の後ろに入れる形になりました。

最後方にローズキングダム・・・こんな位置からでは洋ナシです(涙)

13.0-11.6-11.3-11.7-12.4-11.9-11.9-12.7-
12.7-12.7-12.1-11.9-11.4-11.7-12.3-12.5

前半1000m 60.0
中盤1200m 61.9+12.1
後半1000m 59.8

前半1000mの後半に11秒台のラップを入れ、後続をスッと引き離し、
中盤にグッと緩めますが、13秒台に落とすことなく淡々と通過。

残り1200mというところで再びペース上げ始め、早仕掛け気味に
1000mのロングスパートに入っています。
うーん、後続が詰め寄りにくい非常に巧妙なラップ操作、という感じ・・・。

直線に入るところで先頭はビートブラックに代わり、
後続が懸命に追いかける形になりましたが・・・

4コーナー映像
天皇賞春コーナー

後続の馬が油断したとしか言いようがないくらいの決定的な
セーフティーリード
を保ったビートブラックがそのまま悠々ゴールイン!

2着はなんとか前を競り落としたトーセンジョーダン
3着は接戦ながらウインバリアシオンがなんとか届いて面目を保ちました。

オルフェーヴルは大きく外を回しましたが、これまで見せたような
機動力が感じられず、ただの仕掛け遅れた差し馬と化してしまった印象。
まったく前に届くことなく11着と大敗してしまいました・・・。
前回引っ掛かったことで騎手の内にも仕掛けにくい精神的な影響
出てしまったのかもしれません。

レース後のコメント
1着 ビートブラック(中村均調教師)
内枠が欲しかったので、ほぼ希望通りの枠。前に行って、少しペースが速いかな
とも思いましたが、石橋脩騎手の判断が正しかったようですね(笑)。
ゴールまで50mとなるところまで勝ったとは思いませんでした。
とにかくGIに出すならキッチリと仕上げていこうということで、
水曜日もいい追い切りは出来ました。私の父も東京の3200mの天皇賞を
勝っていますからね(※父親の中村覚之助元調教師は1972年秋の天皇賞を
ヤマニンウエーブで勝利)。そういう意味でも嬉しい勝利です


2着 トーセンジョーダン(池江泰寿調教師)
右前脚を落鉄していたようで、こういう硬い馬場では痛かったですね。
ただ、距離もこなしてくれましたし、力があるところは見せてくれたと思います


3着 ウインバリアシオン(武豊騎手)
動くに動けない展開になってしまいました。先に動く訳には行かないですし、
後ろにも(オルフェーヴルが)いますし…。もう1列前のポジションを取れれば
とも考えていたのですが、最初、他の馬に挟まれる形になって位置取りが
悪くなってしまいました。ラストは伸びているだけに残念です


4着 ジャガーメイル(四位騎手)
最後にバテた馬を気にして頭を上げていました。ベテランですから
主張も強くなっている面がありますから仕方のないところはありますが…。
ただ、競馬自体は完璧に運べました


7着 ゴールデンハインド(荻野騎手)
ビートブラックにマークされる形になってしまいましたね。
まさかあれだけついて来られるとは…。気分良く1頭で逃げていれば
また違ったと思うのですが…


11着同着 ヒルノダムール(藤田騎手)
3、4着の馬が周りにいましたし、それを考えるとちょっと伸びなさすぎです

11着同着 オルフェーヴル(池添騎手)
返し馬は前回よりブレーキが利いていて、落ち着いていい感じでした。
ただ、いつもよりフットワークが硬かったのですが、
そこまで気にするほどではないと思っていました。
ダートで時計を出したりしたことが硬さに繋がったように思います。
スタートは出ましたが、折り合いに気をつけようと馬の後ろに入れました。
馬の後ろではしっかり我慢していたし、折り合いはいい感じでした。
最初のコーナーで、前が離れていたので嫌な展開とは思いました。
2周目向正面の坂の上りで動かして行ったのですが、いつもの反応がなくて、
坂の下りを利用して加速させようと思ったのですが、
いつもの伸びはありませんでした。直線で4、5回、脚を取られていました。
馬場が硬くて、芝丈の長い、今の京都の馬場も合わないようです。
今日は何とかしたかったのですが、残念です


(池江泰寿調教師)
まだ敗因はハッキリしていません。池添騎手が言うには、
下を気にしていたということです。何か脚を取られていたようで、
故障などなければいいのですが…。レースを終えて上がって来た様子では
問題ありませんでした。あと、返し馬から折り合いがつきすぎていたようです。
普段見られるはずの弾むようなフットワークが見られませんでし
現時点で凱旋門賞の登録は未定、オーナーサイドと相談してからになりそうです。
宝塚記念を使うことも選択肢の一つではありますが、これについても未定です


そりゃたしかにビートブラックは菊花賞3着もある京都巧者・・・。
前にいける脚質なので侮れないことはわかりますが、
このところのレースの内容が悪過ぎて完全に頭から締め出してしまっていました。

淀の惨劇再び・・・(T_T)

週半ばでおおよその展開想定が頭に染み付いてしまい、
中堅どころの馬についての考察がしっかり出来ていませんでしたね。
本当に固定観念は恐ろしい・・・

オルフェーヴルは脚元が心配です。
パンパンの良馬場よりも少し重いくらいのソフトな馬場の方が
血統的にも合うタイプ・・・その意味でも凱旋門賞は楽しみでしたが
まずは無事であって貰いたいものです・・・。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんは…散々な結果で涙目です ^ ^;

馬場を考えれば、行った行ったの展開は想定できたはずですが、まさか勝馬があんなに逃げるとは・・・。買える要素はあったとしても、何を言っても後の祭りなので止めておきます。競馬自体止めるかも ^ ^ 難しい

大和 | URL | 2012年04月29日(Sun)23:07 [EDIT]


>大和さん
ビートブラックは良化気配があったとはいえ、
このところの内容を見れば前で止まると
考えてしまいます。鞍上もテン乗り・・・
少なくとも鞍上強化ではないわけで(失礼^^;)
やっぱり買えないですね・・・。

オルフェーヴルが慎重に後方から行き過ぎることを
想定して、前残り一本勝負の馬連、というのが
今回の狙い方だったかと反省。
堅いレースに見えるからこそ堅く買うだけでは
いけないと改めて思いました。

個人的にはなかなか当たらないから楽しいのが
競馬だと思っています(マゾじゃないですよ:笑)
いつかこういうレースをずばり当ててみたい!
と闘志が湧いてきています。
色々と悩むところもあるかもしれませんが
是非一緒に競馬を楽しんでいきましょう♪

けん♂ | URL | 2012年04月29日(Sun)23:24 [EDIT]


土曜日、3歳500万距離1200で1分6秒台が出てたので、
枠からオルフェ危険だとは思ってましたが、ここまでの惨敗は考えられなかったですね。

ちょくちょくありますが、ここまで馬場良くする意味あるんでしょうかねえ…。
先行力だけで決着するGⅠ見ても何の感動も無い…、

大介 | URL | 2012年04月30日(Mon)00:41 [EDIT]


石橋脩騎手は、さすがプリティキャストの柴田政人門下生。

オルフェーブルの状態がよくわからないのではっきり言えませんが、トウカイテイオーが負けた有馬記念と同じような状況が他の馬に乗る騎手にあったような気がします。

長距離レース、1本かぶり

この2つのキーワードが並ぶときは、確率は低いものの、思い切っていきたくなります(結果は、他の馬を狙ったのでハズレ)

ふとん | URL | 2012年04月30日(Mon)01:21 [EDIT]


良馬は鞭影を見ていく

お早うございます。 いつもお世話になります。

 いい馬は鞭を見ただけで、スーッと行くそうですが、レース前から、それをトーセンジョーダンに感じていました。
 展開予想でも、ジョーダンが大逃げを打ち、そのまま逃げ切りということでした。 馬券的には、気弱に複勝しか買えませんが。

 オルフェについては、事前の余裕の無さからして、大逃げ馬の出る展開になれば、馬券外に飛ぶ事はほぼ間違いないと思ってました。
( 個人的には、フェブラリーSにぶちこんだ分をこのレースで、取り返せて、ほっとしました )
これからも、けんさん・ブログを頼りにしていきます!
よろしく、お願いします。

まっちゃん | URL | 2012年04月30日(Mon)09:21 [EDIT]


こんにちは。

けんさん。

ガラスの競馬場さんから
たまに
お邪魔しています。


石橋修君は、
ここ何年かで
急に頼れるジョッキーに
変わりましたね。
残りの脚を全部使い切る
すばらしいラップでした。


今日は相互リンクの
お願いに来ました。

http://blog.livedoor.jp/blackshell021197/
『競馬ってプラスじゃなきゃ意味無いじゃん☆』    レース回顧は最強の予想法 

宜しければ
お願いします。
m(__)m


モチ

モチ | URL | 2012年04月30日(Mon)18:43 [EDIT]


>大介さん
あくまで推測ですが、高速馬場で凄いキレ味を
発揮してくれる、とJRA側が期待したのではないでしょうか。
オルフェーヴルにとってはまったくの逆効果でしたが(爆)
時計を早くすることでレベルが高く見える、ということを
G1になると狙っているような気がします(^^;

ビートブラックの直線で「頑張れ、残れ!」と応援する
気持ちより「またか・・・」と思ってしまった自分がいました・・・

けん♂ | URL | 2012年04月30日(Mon)21:12 [EDIT]


>ふとんさん
石橋脩騎手は京都の成績が・・・(爆)
参りました(^^)

他の騎手も色んな兼ね合いがあったのでしょうけど
やっぱり意識は後ろに集中していたんでしょうね。

おっしゃるとおり、長距離の1本被りは要警戒ですね~
この勉強を次に活かしたいものです。

けん♂ | URL | 2012年04月30日(Mon)21:12 [EDIT]


>まっちゃんさん
今回のレースで本気でガツンといくならば
トーセンジョーダンの複勝だったと思います。
今回もしっかりと前の馬を飲み込んで・・・ちょっと想定外に
前に行き過ぎた馬がいたので2着でしたが、思った通りの
力を見せてくれた気がしました。

的中おめでとうございます!
勝負どころの見極めはさすがですね(^^)
私も参考にさせて頂きます♪

けん♂ | URL | 2012年04月30日(Mon)21:13 [EDIT]


>モチさん
ありがとうございます(^^)

今回のラップは完全に意図して作ったものだとしたら
素晴らしい長距離の名手の誕生だったかもしれません。
今後のレースでも大いに注目ですね!

リンクの件、了解いたしました。
こちらこそ今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
一緒に競馬を楽しんでいきましょう(^^)/

けん♂ | URL | 2012年04月30日(Mon)21:13 [EDIT]


 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

天皇賞(春)・青葉賞 2012 回顧

トラコミュ 第145回 天皇賞(春)(GI) 天皇賞(春) データ分析 天皇賞春 2012 予想 第19回 青葉賞(GII) 青葉賞 データ分析 レース結果・回顧 血統予想やってます 【天皇賞(春)】 ◎クレスコ...
[続きを読む]

稀に的中?3代血統で重賞予想 | 2012年04月30日(Mon) 06:38