けいけん豊富な毎日

天皇賞春(前哨戦評価)  担【けん♂】

天皇賞春(京都3200m)について見ていきたいと思います。

出走馬が決まったところで、これまでの前哨戦をコース別に
後半1000mを比較するためにラップをグラフ化してみました。

★京都外回り
京都外

中間に妙な急加速が入った万葉Sは大逃げとなり、後半は脚が鈍る展開。
レベル的には評価出来ません。
あとはほとんど変わらない軌跡。
時期的に芝が良く脚が止まらなかった京都大賞典、最後は脚が鈍りましたが
中間がほとんど緩んでいない京都記念は上位評価。
日経新春杯は一気に11秒台に加速してのロングスパート、
ビートブラック、ナムラクレセントは前で脚が鈍った分、評価ダウン。
京都新聞杯は加速度が高いものの、スロー過ぎ。
菊花賞は加速して行く展開をさらに速い脚で捲くり上げた
オルフェーヴルは高く評価、前が止まったところを差したウインバリアシオンとは
差がある内容だと思います。

京都大賞典≧京都記念≧菊花賞(内容によって差)≧日経新春杯>京都新聞杯
>>万葉S


★阪神外回り
阪神外

神戸新聞杯が昨年よりも更に緩いペースからの急流。
加速力は評価して良さそうですが、レベルは評価出来ず。
中間が緩まなかったハンブルグCは後半に脚が止まる消耗戦。
最後に加速が入っている点は評価出来るものの、鈍り方が激しく
好位から踏ん張ったユニバーサルバンクが一応上位評価ながら
高い点はつけられません。

神戸新聞杯>大阪ハンブルグC ※微妙


★阪神内回り
阪神内

超ドスローから一気にペースを上げた阪神大賞典は最後に脚が止まる形。
特異な内容だっただけに評価は微妙ですが、前で踏ん張った馬は
脚が鈍り過ぎているかも。このペースを捲くり上げたオルフェーヴルは別格。
大阪杯も非常に緩いところから加速していく展開。
ロングスパート気味ながら最後に脚が止まったのは微妙な評価。
宝塚記念はこの中ではレベルが上と考えて良さそうです。

宝塚記念>大阪杯>阪神大賞典(内容による)


★東京
東京

カーブからペースを上げて最後まで鈍らなかったJCは抜けて上位評価。
ダイヤモンドSも後半の作り方は秀逸ながら最後に鈍っているのが残念。
このペースを押し上げられなかったギュスターヴクライも高く点は
つけられません。

JC>>ダイヤモンドS>>>>アルゼンチン共和国杯≧早春S


★中山
中山

ハイペースで逃げた馬の脚が止まったセントライト記念は
妙なラップになっていますが、差した馬の脚が最後に止まっていない点は
評価して良さそう。
あとはグラフの形が似ていますが、素直にペース順に評価して
良いと思われます。
日経賞は戦犯がいるので重賞とは思えない低調な内容。

有馬記念>>グッドラックS≧迎春S≧セントライト記念
>ステイヤーズS>日経賞

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック