けいけん豊富な毎日

読売MC(斤量負担分析)  担【けん♂】

マイルCSの傾向を元に読売MC(京都1600m)の実質斤量負担について
見てみたいと思います。

実質斤量負担:読売MC】
読売MC斤量負担

体重面で見ると好走のおおよその下限である460kgを下回っているのは
・ダノンシャーク
・ドリームバスケット


という2頭。

ダノンシャークは56kgを背負って勝ったことがありますが、
重賞(京都金杯)で2着と好走したときは54kgの斤量。
それほど斤量に強い、というタイプではなさそうです。
ディープインパクト産駒らしい小柄な馬ですが、
今後は斤量負担への対応力が鍵になってきそうですね。

ドリームバスケットは斤量に対する耐性が高いステイゴールド産駒。
ここ3戦は57kgを背負って3連勝をしており、斤量負担が減る
今回は問題なく対応出来そうです。
実質斤量負担に直すと12.3%と好走の目安の12.5%を下回って
いるだけに、大幅に体重を減らしてこない限り大丈夫だと思われます。

今回の平均体重は489kg
500kgを超える馬も約半数ほどおり、上と下とで分かれた
体重分布になっている印象です。

大型馬に関してはヒモ候補になりがちな傾向が出ていましたが
馬場が湿ることを考えるとある程度パワーのある大型馬優勢の
傾向が強まるかもしれません。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック