けいけん豊富な毎日

読売MC(騎手データ分析)  担【けん♂】

読売MC(京都1600m)について、なんか条件を見ているだけで
時間が一杯になっていますが(笑)もう少し調べておきたいと思います。

騎手データ
読売MC騎手

上段の騎手は10~11年の騎乗データを元にしています。
下段の騎手は07年、08年のデータなので少々古い上に
外回りと内回りの総合データになっています。

横山典騎手の京都外回りの成績は極端に高くなっていますが
騎乗回数が2年間で一桁しかなく、数字的には微妙。
それでもマイル周辺では非常に穴を開けやすい傾向が出ているので
要注意だと思われます。

実質的にトップの成績になっているのは・・・安藤勝騎手
京都外回りの複勝率は50%・・・2回に1回は3着以内という
とんでもない安定感を誇っています。
人気薄でも期待出来るだけに、レッドデイヴィスには大きな
プラス材料になりそうです。

内田博騎手の成績も優秀。
京都外、マイル周辺、どちらでも穴馬率が高く侮れません。

岩田騎手が乗るリアルインパクトはおそらく3番人気以内に
入ってきそう。人気馬での信頼度は非常に高い騎手なので
追い風になりそうですね。あとは輸送をどうこなすか・・・

人気を背負うエイシンアポロンの池添騎手は京都外回りでの
信頼度は非常に高く、期待出来そうです。
ただし・・・マイル周辺は逆に人気を裏切りやすい傾向なので
過信は禁物かも。

他に穴で狙えそう、というと・・・
浜中騎手は京都外回りでは穴を開けやすい傾向、
藤田、秋山騎手はマイル周辺の距離で穴を開ける傾向が出ています。

・・・関係ないですが武豊騎手の京都外回りの成績が異様に悪いのは
気になるところ。得意そうなイメージがあるだけに違和感を感じます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック