けいけん豊富な毎日

読売MC(重馬場適性分析)  担【けん♂】

関西ではすでに雨が降り始め、金曜は一日中雨予報
土曜は小康状態になる見込みですが、日曜にはまた雨がパラつく
という予報になっています。

せっかく京都開催が開幕する、というのにまたもや馬場はいきなり
湿ったところからスタートになりそうですね(T_T)

まだ今後の天気の動向によって変化がありそうですが、
ひとまず読売MC(京都1600m)出走馬の血統的な重馬場適性について
見ておきたいと思います。

重馬場上昇度
読売MC重馬場

極端なまでに重馬場適性が高いのは・・・ジャイアンツコーズウェイ
出走回数自体が少なめなので微妙な面がありますが、
それにしても恐ろしいばかりの上昇度になっています(爆)
ストームキャットの系統自体が重馬場の鬼なので
この数字もわからなくもないですが、雨が降ったら是非押さえたい
血統だと思われます。
エイシンアポロンの成績を見ても湿った馬場で結果を出しているだけに
今回も要注目。

ステイゴールド産駒も重馬場が得意。
多少湿った程度は微妙にマイナスになっていますが、
重馬場、不良馬場になると成績が上昇するという傾向が出ています。
繰り上がったドリームバスケットは湿った馬場で連勝。
要注意になりそうです。

クロフネ産駒は・・・フレンチデピュティほど重馬場が得意ではない様子。
稍重までは上昇しますが、本格的に湿った馬場は苦手にしています。
先週皐月賞に出走したトリップについても「力の要る馬場は得意だが、
滑るのは苦手
」という調教師のコメントが出ていたわけで
クロフネ産駒の全般的な傾向を示していると思われます。

ネオユニヴァースも同様。
稍重程度まではプラス材料になりますが、本格的に湿るとマイナス。
ネオサクセスはキレ重視の脚質だけに厳しいかもしれませんね。

スペシャルウィーク産駒には突発的に重馬場の鬼が現れますので
その馬自身の成績に要注意。リーチザクラウンは不良のダービーで
2着と健闘していますが・・・

キングカメハメハ産駒も両極端に分かれている印象。
元々、キングマンボの系統は雨に非常に強いのでその形質を受け継いだ産駒は
雨が得意になると思われます。全般的には雨はマイナスになっていますが
それぞれの成績を見た方が良さそうです。

ホワイトマズル産駒は欧州血統の割に雨はマイナスになりがち。
ただし、この系統の中にも重馬場巧者がたまにいるので
注意したいところです。特に先行力を活かすタイプは脚質も合わせて
考えておきたいですね。

ディープインパクト産駒は・・・良馬場の成績が良過ぎて
湿った馬場でのマイナス幅が非常に大きくなってしまっています。
実質的な複勝率自体は高いので軽視し過ぎるのは危険かも。
少なくともプラスにはならないので割り引いてみる必要はあると
思いますが、産駒の能力重視で考えたいところです。

ついでに、騎手データを元に「雨騎手」を挙げておきたいと思います。

雨が得意な騎手
内田博
岩田(大幅上昇、穴にも期待出来る)
北村友(人気薄に限る)

雨が苦手な騎手
浜中
小牧
川田
安藤勝
池添(人気馬の信頼度は高いが人気薄はまるでダメ)
福永(人気薄には特に期待出来ない)

★雨は関係ない騎手
横山典(穴馬に期待出来る)
武豊(微妙に上昇)

馬と騎手との組み合わせで見ると・・・
・エイシンアポロン(池添騎手は人気馬なら買える)
・ドリームバスケット(血統面で注目、騎手も問題なし)
・フィフスペトル(重馬場もこなせる血統&騎手)

この辺りが期待出来そうな感じでしょうか。

・ダノンヨーヨー(血統はマイナス、北村友騎手は人気薄なら上昇)
・リアルインパクト(血統はマイナス、岩田騎手の手腕に期待)
・グランプリボス(血統はマイナス、内田博騎手の手腕に期待)

これらの馬は騎手がどうフォロー出来るか注目ですね(^^)

※騎手データがある馬に限っています。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック