けいけん豊富な毎日

読売MC(適性の高い馬体の参考)  担【けん♂】

読売MC(京都1600m)は条件が変わっているので当然、適性の高い
馬体というものも違ってくると思われます。

ひとまず、過去のマイルCSの勝ち馬の馬体写真を並べてみました。

【エイシンアポロン】(11マイルCS)
エイシンアポロン11マイルCS

【エーシンフォワード】(10マイルCS)
エーシンフォワード10マイルCS

【カンパニー】(09マイルCS)
カンパニー09マイルCS

【ブルーメンブラット】(08マイルCS)
ブルーメンブラット08マイルCS

【ダイワメジャー】(07マイルCS)
ダイワメジャー07マイルCS

【ダイワメジャー】(06マイルCS)
ダイワメジャー06マイルCS

【ハットトリック】(05マイルCS)
ハットトリック05マイルCS

【デュランダル】(04マイルCS)
デュランダル04マイルCS

※写真は全て競馬ブックPHOTOパドックより

連覇している馬もいるので余計にそう思えるのかもしれませんが
それにしてもシルエットは全体的に似通っている印象。

クビ差しが力強く、それを支える上半身がガッチリとした
造りになっています。
胴から腰にかけての流れも同じような角度。
お尻に丸みがあって、柔らか味もありながら
充実しているのも共通点でしょうか。
昨年のエイシンアポロンは一時的に非常に下半身が萎んでしまって
いましたが、しっかり回復してきていましたね(^^)
10年のエーシンフォワードの後肢が少し後方に
流れ気味に見えますが、腿はグッと引き上げられており、
基本的にはしっかりと後肢が引きつけられているのも共通点だと
思われます。
ハリがあって体調が良さそうな馬、という点も意識して
おきたいところ。

おおよそのイメージを頭に入れて、読売MCの出走予定馬について
見ていきたいと思います。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック