けいけん豊富な毎日

読売MC(各馬分析3)  担【けん♂】

読売MC(京都1600m)出走予定馬の各馬分析、第3弾です。

マルカフェニックス】牡8 56.0 (栗東) ダンスインザダーク×(Miswaki)
10年のスワンSを制してから長期休養、年明けの阪急杯で
復帰しましたが、11着に敗れています。
基本的に好走は1400m以下、内回りの競馬場に偏っており、
マイル戦はギリギリ。年齢的にもすぐに復活、というわけには
いかないと思われますし、外回りコースというのも気になるところ。

ミッキードリーム】牡5 56.0 (栗東) キングカメハメハ×(サンデーサイレンス)
昨夏に3連勝で朝日CCを制しましたが、GⅠでは足りないところを
見せてしまい、マイルCSでも8着に敗れています。
京都外回りコースではマイルCSを入れて(2-1-0-1)と好成績を
挙げており、適性的には問題なさそうですが、このところは
末脚の伸びがイマイチで馬体の増減も激しくなっているのは
気になるところ。出走してくるなら中1週になりますが、
前走で馬体を落としている分、上積みにも欠けてしまいそうです。
能力は高いので内目の枠に入ったら見直しも。

ヤマカツハクリュウ】牡5 56.0 (栗東) クロフネ×(ティンバーカントリー)
昨夏から3連勝、年末の阪神Cに挑みましたが8着、年明けの京都金杯でも
10着と重賞の壁にぶつかってしまった印象。
特に京都金杯は後方からの馬が上位に食い込む展開の中、
後方から脚が伸ばせず、同位置からの馬に完敗してしまったのは
大きなマイナス材料。平坦コースへの適性は高い印象なので
もう少しやれそうな感じはありますが、実績的には不足感。

リアルインパクト】牡4 58.0 (美浦) ディープインパクト×(Meadowlake)
マイルCS、阪神Cと1番人気を裏切ってしまいましたが
中山記念では3着と復活傾向。前につけてタフに脚が使える馬で
能力面でも高く評価出来ますが、関東では(2-3-2-0)と
複勝圏を外していないのに対し、関西では(0-0-0-3)と
複勝圏すら一度もない、というのは気になるところ。
輸送に弱い面があるとすると休養明けのこのレースは
非常に危険なニオイ・・・。血統的には合うコースだと思いますが・・・

リーチザクラウン】牡6 56.0 (栗東) スペシャルウィーク×(Seattle Slew)
休養明けにダービー卿CTでも好位で脚が止まり11着、これで4戦連続
二桁着順と完全に調子を崩してしまっています。
出走してくるなら中1週、急激な変わり目を期待するのは
酷かもしれません。レースを投げ出すような止まり方をするときも
あるので気性面の問題は根が深そう。

レッドデイヴィス】せ4 56.0 (栗東) アグネスタキオン×(トニービン)
復帰戦となった鳴尾記念を快勝。先行力を活かすスタイルから
差す競馬も出来るところを見せたのは大きな収穫となりました。
その後、中山で9着、11着と大敗していますが、
馬体に余裕があり過ぎた点や、関東への輸送、コース適性など
課題も多かっただけに、関西で適性に合うコースに戻れば
見直しがあっても良さそう。
それほど高いレベルをこなしていないので過大評価は危険ですが
先に繋がる内容に期待。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック