けいけん豊富な毎日

騎手データ(後藤:10~11年)  担【けん♂】

週刊騎手データ、今回は後藤騎手を取りあげてみたいと思います。



個性的なパフォーマンスで異彩を放つ騎手↑ですが(笑)
関東を代表する騎手として、競馬への取り組み方は真摯な姿勢が見える騎手。
近年は関西へも積極的に遠征し、阪神、京都競馬場攻略に乗り出しており
中堅騎手から中心騎手へと脱却を果たしてくれそうです。

・支持率:3番人気以内に支持された率
・達成率:3番人気以内の馬を3着以内にもってきた率(信頼度)
・穴馬率:4番人気以下の馬を3着以内にもってきた率(剛腕度)
・総合: 人気に関係ない実質的な複勝率


※データは10~11年の芝レース
 達成率は60%以上が高評価、50%未満は低評価
 穴馬率は20%以上が高評価、16%未満は低評価

競馬場別実績
後藤1

関東では高い支持率に応えて好成績をおさめています。
中山、東京はほとんど差のない成績ですが、支持率の割合からすると
東京の方が得意な感じ。特に東京では人気薄の好走が目立つので
積極的に狙いたいところです。

騎乗回数の少ない新潟、福島のデータは微妙ですが、
福島、新潟外回りでは人気馬中心に、新潟内回りは人気薄中心にと
狙い目が変わる点に注意。

関西のデータも騎乗回数が少ないので数字の信頼度は微妙。
実質的な複勝率は関東に比べ大幅に下がっていますが、
支持率自体が低く、実績不足の馬への騎乗が多いことを考慮すると
それほど悪くない成績と評価すべきかもしれません。

傾向としては京都でも阪神でも内回り>外回り、となっており、
位置取りや騎乗技術を活かすコースの方が合うようです。

特に京都内回りでは人気薄の激走も目立つので穴騎手として
狙ってみたいですね。
ただし、基本的には関西では人気を背負ったときに押さえる程度。
過剰な期待はしにくい成績となっています。

距離別実績
後藤2

人気馬の信頼度、人気薄の激走具合・・・長距離実績は高く評価出来そう。

距離による差はかなり少ないタイプの騎手で、逆に短距離も好成績。
ただしここでは人気馬に限って良さそうです。

マイル周辺は人気をよく裏切っています。
過信は禁物ですが、逆に人気薄で紛れ込んでくるようなタイプの馬との
コンビに要注意。

天候別実績
後藤3

完全に雨騎手(爆)
馬場が湿ると成績上昇する上に、穴馬での激走が増えるので
天気が崩れたら積極的に人気薄を狙いたいですね。

雨の場合は微妙に支持率が上がっているところを見ると
実はよく知られた特性なのかもしれません(^^;

まとめ
・関東では安定して好成績。特に東京では積極的に人気薄も狙いたい。
・関西では基本的に人気馬を押さえる程度で良いが、京都内回りは
 穴馬狙いが出来るので狙い目。内回り>外回りという傾向にも注意。
・長距離が得意。ここでは穴馬も狙える。
・マイル周辺は人気薄>人気馬
・馬場が湿ると成績上昇。信頼度も上がるし、人気薄も積極的に狙いたい。


位置取りを活かすアメリカンな騎乗が持ち味の後藤騎手。
成績も内回り巧者になっている点が面白いですね。

※後藤騎手に関しては「ガラスの競馬場」様のこの記事↓が面白かったので
 紹介させて頂きます。

あえて苦言を呈する

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック