けいけん豊富な毎日

青葉賞登録馬(ダービー前哨戦)   担【けん♂】

4月29日(土)に東京競馬場で行われる
青葉賞(GII・芝2400m・フルゲート18頭)の登録馬です。

アドマイヤメイン (56.0)
ニシノアンサー  (56.0)
エイシンテンリュー(56.0)
エフセイコー   (56.0)
ゼットコマンダー (56.0)
タマモサポート  (56.0)
バルバロ     (56.0)
ビーオブザバン  (56.0)
ホーマンアラシ  (56.0)
マイネルシュピール(56.0)
マチカネゲンジ  (56.0)
マツリダゴッホ  (56.0)
マルブツリード  (56.0)
マグマノーベル  (56.0)
モエレフェンリル (56.0)

※以下7頭は抽選対象です(3/7)
コパノカチドキ  (56.0)
タニノベリーニ  (56.0)
トロフィーディール(56.0)
トーセンシャナオー(56.0)
マイネルアラバンサ(56.0)
ミストラルクルーズ(56.0)
ローレルエルドラド(56.0)

今年は完全にダービー向き、という有力馬の本命がいません。
皐月賞組からも相当数が参戦しますが、これからの前哨戦次第では
突如ヒーロー誕生!ということも十分ありえます。
その意味でもこの「青葉賞」はとても重要なレース。
そしてこのレースにはアドマイヤメインが出走予定であることも
かなり大きな注目点。
というのも、今のところダービーのペースメーカーとなる
逃げ馬が他にいないんですよね・・(^^;
フサイチリシャールはNHKマイルに参戦後ダービーを視野に
いれているようですが距離が合わないのは明白。
出てきても逃げることはできないと思われます。
このアドマイヤメインがどういうレースをするのか?
本番でも逃げ切れそうな脚を使えるのなら・・・
当然有力な候補になってきます。

後は個人的に注目しているマツリダゴッホエイシンテンリュー
どういうレースをするのか楽しみです。
マツリダゴッホは秋から半年休んで出てきたレースで圧勝。
詳しくはまた分析し直しますが、この間に馬体重が大幅に増えて
明らかに大きな成長が見られます。さてこの馬は本物なのか?(^^;
エイシンテンリューは「キリン走法」と呼ばれる長い首をおっ立てた
めちゃくちゃロスの大きい走り方なのに勝ち上がってきた
とっても面白い能力馬。やっと普通に走れるようになってきたようですが
だからこそここでの脚には注目したいです。

各馬の詳しい分析は近日中に・・・(^^)/

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック