けいけん豊富な毎日

朝日杯FS各馬分析2(考察②)  担【けん♂】

朝日杯FS出走予定馬の各馬分析第2弾です。
ここまでが出走権を既に持っている馬ですね。

マイネルシーガル】ゼンノエルシド×(サンデーサイレンス)
いちょうS時の考察は→ココ
いちょうSの回顧記事は→ココ
新馬戦を素晴らしい末脚で圧勝。いちょうSでは他馬と接触して
大きな不利を受けながら巻き返して勝利をあげ、力の違いを見せつけました。
父のゼンノエルシドはマイルCSを制覇している馬ですから適性的にも
マイル周辺の馬と言えそうです。いちょうSはそれなりにペースが
速くなりましたがコーナー前に脚をためることが出来る展開。
緩みないペースになったときにどうなるか?試金石の一戦でしょう。

マイネルフォーグ】スターオブコジーン×(Be My Guest)
京王杯2歳S時の考察は→ココ
京王杯2歳Sの回顧記事は→ココ
徐々に距離を短縮しながら結果を出してきています。
適性距離はマイルまで、ということになりそう(^^;
先行抜け出しで粘る馬なので大崩れはしにくそうですが
それほど切れ味がないので上位進出は・・・厳しいかも。
稍重でも脚が変わらないので雨が降ったら要注意

アドマイヤヘッド】アドマイヤコジーン×(ミスターシービー)
京王杯2歳S時の考察は→ココ
京王杯2歳Sの回顧記事は→ココ
出遅れたのか、あえて差す競馬を心掛けたのか京王杯2歳Sでは後方からの競馬。
メンバー最速の脚で追い上げたものの届かずの5着と結果を出せませんでした。
本来の持ち味は前で粘る脚と根性。札幌2歳Sで見せたような力が出せれば
非常に面白い存在になると思います。東京でも脚を使えた点から坂への対応は
問題なさそう。有力な先行馬にどれだけ食らいついていけるか?

アサクサキングス】ホワイトマズル×(サンデーサイレンス)
百日草特別時の考察は→ココ
百日草特別の回顧記事は→ココ
低いレベルだった新馬戦、メンバーが手薄だった百日草特別・・・連勝中ですが
相手関係に助けられた感がありますね(^^;とはいえ百日草特別は
それなりに緩まないラップを作っての抜け出し勝ち、走破タイムも優秀です。
ガラリと変わってきた印象なので侮るのは危険かも。
先行馬に競りかけていくような競馬をするのでこの馬が出ることにより
ペースアップになってしまいそうです。横山騎手が「切れる脚がない」
とコメントしていましたが先行して34.5を東京で出せるなら十分じゃないかと。

アドマイヤホクト】サクラバクシンオー×(カーネギー)
2歳500万下(東京1400)小雨、良
勝ち時計1.22.5 上がり35.9
12.2-10.5-11.4-12.2-11.8-11.7-12.7
新馬戦(東京1400)
勝ち時計1.23.1 上がり33.7
13.0-11.1-12.1-12.9-11.6-10.8-11.6

新馬戦は緩いペースを追走して切れ味鋭く勝ち上がり。
前走では雨の中、かなり速めのペースになり脚が鈍ってしまいましたが
追い上げをしのぎ切って連勝を飾りました。
サクラバクシンオー産駒ということで距離延長は・・マイナス要因。
ペースアップに貢献しそうな1頭ですが脚が持つかどうか・・。

同日に行われたレースとの比較
(500下)
奥多摩S(3歳上1600下) 1.21.4 タイム差1.1

エーシンビーエル】Sakura Bakushin O×(Alydeed)
あけび賞の回顧記事は→ココ
3戦2勝ですが2勝が1200mに限られている点からいっても
サクラバクシンオー産駒らしく短距離馬と見て良さそうです。
出てきても厳しいでしょう。

ジャングルテクノ】ジャングルポケット×(ジェイドロバリー)
東スポ2歳S登録時の考察は→ココ
前走の回顧記事は→ココ
ジャングルポケット産駒として現時点でフサイチホウオーに次いで期待されている馬。
短距離でデビューしましたが結果が出せず、距離延長で頭角を現してきました。
前走は直線で激しい叩き合い、根性を見せてハナ差での勝利をあげ
期待度が高まっています。ただし・・トニービンから続く血統は東京向き
直線が短い中山で果たして?脚質的には追い込み馬ではありませんから
問題にしないとも思えますが・・(^^;

次回は抽選組の考察に入りたいと思います。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック