けいけん豊富な毎日

11年騎手データまとめ1  担【けん♂】

11年のデータ整理、今回は騎手について見ておきたいと思います。

対象とするのは重賞でよく騎乗がある主要30騎手
若手の台頭などもあるので、カバー出来ていない部分もありますが
ひとまずザクッと傾向を見ておきたいと思います。

勝率、連対率、複勝率ランキング
11年騎手データ1

全ての項目で1位は・・・安藤勝騎手
見事に3冠達成です(^^)

複勝率46%は凄いですね。2回に1回近くは馬券対象に
入ってくるわけで、年間を通して安藤勝騎手を中心に買い続ける
というのも一つの作戦になるのかも(爆)

勝率2位にはリーディングを取った福永騎手
ただし、連対率、複勝率では岩田騎手が逆転。
福永騎手も好成績ですが、岩田騎手の安定感を褒めるべきかと。
勝ち切れないところが微妙ですが、どうやら復調傾向に入って
きている様子です。

上位5名は順位が入れ替わっているだけで同じメンバー。
横山典騎手、川田騎手の成績も十分に評価出来るところだと思います。

ガックリと成績を落としている武豊騎手は勝率では15位と
苦戦していますが、連対率では9位、複勝率では7位と健闘。
勝率で変わらない数字を出している田辺騎手と比較してみると
2、3着の多さが如実にわかります。

勝ち切れなくなっているものの、やはり侮れない騎手という感じですが、
やはり武豊騎手には勝ち星も期待したいものですね。

GⅠでは大活躍している池添騎手ですが・・・数字的には
それほど高くはありません。
勝率こそ10位にランクされているものの、複勝率では18位・・・
安定感には欠けてしまっているようです。

こうして横並びで見て、勝率、連対率、複勝率の位置を線で結ぶ
右上がりになっている騎手と、右下がりになっている騎手とが
いるのがわかります。

右上がりの騎手(勝ち切れないものの、ヒモには入る)
 例:武豊、松岡、柴田善、岩田 など

右下がりの騎手(勝ち星をあげる割には、ダメなときは馬券対象外)
 例:池添、藤田、小牧、川須、三浦 など

それぞれの騎手の個性もこんなところで見えてくるのかもしれません(^^)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック