けいけん豊富な毎日

中山金杯(体重別実績)   担【けん♂】

新党大地が新たに名称を変えて再スタートを切るそうです。
その名も新党「大地・真民主党」・・・名前からしてセンスのなさに
脱力しそうですが(爆)メンバーを見てさらに愕然。

小沢氏をどうしても総理大臣にしたいと息巻いていた松木謙公、
小沢氏の秘書で取り調べを受けていた石川知裕、仮釈放中の鈴木宗男、
ギャンブル狂いでやる気ゼロの横峰良郎・・・
新党「疑惑・珍民主党」とでも名付けたい酷過ぎる面子。
もし次に選挙があったら当選ゼロになるのでは・・・?(爆)

何やら民主党から一部の連中が脱退して新たな政党を作るそうですが
この珍党と連携して・・・ってもうバカバカしくて見てられませんね。
いずれ小沢氏が民主党を飛び出すときの受け皿にでもなるつもりなんでしょうか。
本当にどうでもいい化かし合いに溜息が止まりません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まだ金杯の出走馬のデータが出ていませんので、ひとまず先に
外堀を埋めておきたいと思います。
正月はいつもバタバタして結局は見切り発車になりがちなので
準備は早めに・・・(笑)

まずは中山金杯(中山2000m)から。

体重別実績:中山金杯(02年~)】
中山金杯体重

注目したいのは大型馬の活躍。
ここ4年連続で500kgを超える馬が勝っており、
勝率、連対率、複勝率、全ての項目でトップとなっています。

ただし、昨年のキョウエイストームの442kgは別格にしても
460kg台、470kg台でも好走が見られるので
体重で線引きをする、というよりは大型馬優勢、という感じで
見ておけばいいと思われます。

比較的小型の馬が活躍した02年、03年は出走馬の平均体重自体が
480kg周辺と他の年に比べて小さめでした。
平均体重が490kg周辺になると大型馬が一層優勢になる傾向が
見受けられるので出走馬が決まり次第、確認したいですね(^^)

実質斤量負担別実績
中山金杯斤量

実質斤量負担でも11%以下の馬が優勢
ハンデの差があるレースではありますが、基本的には
軽ハンデ馬は厳しく、ハンデは高くとも馬格の大きさで
カバー出来ている実績、実力馬を重視
すべき、という傾向が
出ています。

トップハンデの馬については、馬格があるタイプは問題なく
好走がありますが、実質斤量負担で12%を超えてしまうようだと
信用度がグッと下がるので要注意。

一応、好走の上限の目安は・・・12%以下
12%を超えるようだと余程の実力馬か中山に適性が高い馬などの
プラス材料がないと厳しいと見て良さそうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは♪
慌てて478÷57の計算をした よしお です。(^▽^;)

もちろんコスモスくんの実質斤量負担ですが、答えは11.9%となり
ギリギリセーフと判定されました。C=(^◇^ ; ホッ!
ライバルになりそうなコスモファントムは0.5kg重い57.5kgですし
そもそもこのメンバーでは能力的に一枚も二枚も抜けていますから
キッチリと勝ってくれると思います。
どうぞ安心して◎を打ってやって下さい。(^▽^;)

よしお | URL | 2011年12月29日(Thu)13:59 [EDIT]


>よしおさん
アドマイヤコスモスはマイナス体重だと
危ないゾーンになるかも?!
期待度は相当高い馬なので、斤量で切るような
ことは出来ないと思いますが、
まずは万全で出てきてもらいたいですね。
楽しみです(^^)

けん♂ | URL | 2011年12月30日(Fri)08:32 [EDIT]


 

トラックバック