けいけん豊富な毎日

有馬記念(斤量負担分析)  担【けん♂】

時間がなくなってきましたが、せっかくの締め括りだけに
しっかりと考えてからまとめに入りたいと思います。

有馬記念(中山2500m)について、もう少し見ておきたいと思います。

実質斤量負担:有馬記念】
有馬斤量負担
※ヒルノダムールは天皇賞春のデータを使用

過去の有馬記念(01年~)のデータを参考にすると・・・

・勝ち馬は480~520kg、460kgあれば好走は可能
・実質斤量負担で言えば勝ち馬は11.5%以下
・12%を超える場合は中山適性、荒れ馬場適性が極端に高いか超絶馬に限る


こんな感じになります。
例外となるのはディープインパクト、ドリームジャーニーといった
超絶実績馬や斤量に対する耐性が非常に高い馬。
今回もそれに該当する馬がいそうなだけに、斤量負担での絞り込みは
難しいかもしれません(^^;

12%を超えてしまうローズキングダムは・・・厳しいですね。
ヒルノダムールもギリギリの範囲。
皐月賞2着など中山適性には期待できそうなので大丈夫そうですが・・・

勝ち馬が11.5%以下となるとブエナビスタもオルフェーヴルも
アウトになってしまいます。
まぁこの2頭に関しては条件を度外視できる実績馬だけに
あまり厳しく考える必要はないかもしれません。
実際、全兄のドリームジャーニーはもっと小さな馬体で
勝ち切っているわけで、オルフェーヴルも十分こなせそうかと。

520kgを超える大型馬はこれまでシンボリクリスエスしか
勝てていません。
アーネストリーは続く事が出来るでしょうか・・・。
奇しくも同じロベルト系というのが面白いですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今年はこの実質斤量負担分析を考察した全レースについて
行ってきました。
まだ整理できていませんが、コース、距離によって危険水域となる
パーセンテージが違っていることはわかってきたところ。
有馬記念が終わったら、この辺りも一旦まとめて見直してみる予定です。
何か傾向が出てきてくれるといいんですが・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック