けいけん豊富な毎日

有馬記念(ペース適性まとめ)  担【けん♂】

ペース適性について、簡単にまとめておきたいと思います。

★速い流れが続く展開に適性が高い馬
・アーネストリー
・トーセンジョーダン
・ヒルノダムール
・ブエナビスタ

★加速していく展開を捲くり上げていく展開に適性が高い馬
・ルーラーシップ
・トゥザグローリー
・エイシンフラッシュ

★スローの瞬発力勝負に適性が高い馬
・オルフェーブル

おおよそこんな感じでしょうか。
ブエナビスタは適性が高い、というより能力でこなせる馬と
言った方がいいかもしれませんね。

アーネストリーやトーセンジョーダンは地脚の強さが持ち味。
トーセンジョーダンも一度だけしか33秒台の脚を使ったことが
ありませんし、アーネストリーにいたっては一度もなし。
それで安定した成績をおさめている、という点は押さえておきたいところです。

ヒルノダムールは速い末脚も使えますが、末脚比べだと
同期の馬にも見劣ってしまう、というのが実情。
本格的に地脚が強いタイプだとは思いませんが、キレ味勝負が
得意な馬相手に連勝した大阪杯、天皇賞春はどちらも
脚が削られる展開が味方した感じがあります。

キングマンボ系の馬はやはりキレ味が武器。
ここまで来る馬は速いペースにも強い能力馬ばかりですが、
ワンペースで淡々と続く展開よりはスローから加速していくような
展開でこそ能力が発揮出来る感じです。

有馬記念では前につけて、というよりは外から捲くり上げて
どこまで届くか
、という脚の使い方が良さそうかと。
あとは前が止まるのかどうかですね。

オルフェーヴルのこのところのレースは・・・緩いペースからの
瞬発力勝負ばかり。
血統的には中山は問題なさそうですが、経験という面では
不安があると言わざるを得ないかも。
元々きさらぎ賞までは機動力に難あり、というのが課題だった馬。
ドリームジャーニーとの違いについても池添騎手がコメントを
していたかと思いますが、勝負どころで上がっていけないために
最後に届かない
、というレースをしていました。
距離延長である程度前に押して行けるようになりましたが、
本格的に締まった流れというのは・・・実質未経験。

経験していないからこなせない、というわけではありませんので
素質と能力と成長に期待したいところですが・・・
現段階では危険な人気馬になる可能性があることも
意識しておいた方が良さそうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

今年もお世話になりました

けん♂さん、メリークリスマス!

大好きだったドリームジャーニーが何度も登場した今週の有馬記念考察、自分の買い目とかぶらんかなぁと見ておりました。

私はダイワスカーレットが一番強い牝馬だと思っていましたが、ブエナビスタはそのかなり上をいってしまったような…

本年最後のレースですので、勝手ながら私の買い目を。
本命:ブエナビスタ
対抗:トーセンジョーダン抑え:アーネストリー、オルフェーブル

m(__)mではでは、よい年末を!

トウショウないと | URL | 2011年12月24日(Sat)18:02 [EDIT]


>トウショウないとさん
こちらこそ1年ありがとうございました。

ダイワスカーレットも強かったですが
ブエナビスタはどんなレースでもタフに
走り続けてこの成績・・・本当に強いです。

最後の買い目、本命対抗がしっかり
一致しました(^^)
いいクリスマスになるといいですね♪
良いお年を!

けん♂ | URL | 2011年12月24日(Sat)19:01 [EDIT]


 

トラックバック