けいけん豊富な毎日

有馬記念(ペース適性分析3)  担【けん♂】

有馬記念(中山2500m)出走馬の前哨戦のペース分析、第2弾です。

京都外回り
有馬ペース4

競馬場の構造上、上り坂のところでペースが緩みやすい
京都外回りコース。

中では・・・天皇賞春は緩みが少なくロングスパートになっている点で
有馬記念に繋がっても良さそうな内容。
残り2ハロンの時点での緩みが大きいのが気になるところですが
距離の長さを考えると及第点と見て良いかと。
道中で押し上げて脚を伸ばしたヒルノダムールは高評価。
エイシンフラッシュはちょっと機動力で見劣りますが近い実力値。
ローズキングダムはこのペースの中で無理に押し上げ過ぎた感じですが
限界を見せてしまったのかも。
先行したトゥザグローリーの失速はやむなし、というペースですが
精神面に影響が残ったのが残念。

菊花賞、日経新春杯は大きく緩んだところからかなり急な加速が続く展開。
800mダッシュという感じになっています。
これはこれでタフな脚が必要になりますが、ずっと速いペースという
形ではないだけに、本番に繋がるかどうかは微妙です。

菊花賞は後方から位置取りを押し上げて4コーナーで3番手につけた
オルフェーヴルが圧勝。機動力がついてきた点は評価出来ますが、
道中の緩み、加速度がそれほど高くないということを考えると
古馬上位馬の作る流れの中では・・・どうなるかまだ不安がありそう。

日経新春杯は前が厳しい流れ、好位から伸びたルーラーシップは
高く評価出来そうです。ヒルノダムール、ローズキングダムは
中段から押し上げる形になっており、さらに速い流れで脚を
使ったとも見れば評価出来ます。

京都記念も中間に緩んでいますが、ペースアップのポイントが
早い
のが特徴となっています。その上で最後の1ハロンまで
加速が続く展開。ロングスパートという点では高く評価出来る
内容になっていると思われます。
ただし、ペース自体はそれほど速くないのが気になるところ。
好位から押し切ったトゥザグローリーはそれなりに高く評価出来そう。
ヒルノダムールは少しキレ負けしましたが及第点。

阪神外回り
有馬ペース5

超絶スローペースとなった神戸新聞杯は後半に入って
ずっと加速していく展開になっていますが、本格的なスパートは
直線のみ、といった感じのラップ構成。
消耗度が低かったことは最後から2つ目まで脚が止まっていないことで
逆に示してしまっています。
ハイペースで脚を維持する、という資質には繋がらない内容。

グラフの形は似ていますが。日経賞はグッとペースが速くなっており、
本格的な800mダッシュ。前半が緩めだったとはいえ、
残り3ハロンで10秒台のラップが出ているのは強烈です。
長く速い脚を維持出来ている、という点では高く評価出来そうな内容。
前につけて完勝したトゥザグローリーは高評価。
好位から追いかけたペルーサも一応及第点。
ローズキングダムは脚が止まっている点でちょっと落ちる感じです。
59kgの斤量も影響があったと思われますね。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック