けいけん豊富な毎日

有馬記念(生産牧場について)  担【けん♂】

クラシック路線において社台グループ生産馬が圧倒的に良績を
おさめている点については、これまでもふれてきましたが、
有馬記念(中山2500m)についても見てみたいと思います。

有馬記念:上位馬の生産牧場
有馬生産

ここ6年は社台系生産馬が圧倒的に良績。唯一、牙城を崩せたのは
07年のマツリダゴッホ(岡田スタッド)だけとなっています。

04年以前は外国産馬(シンボリクリスエス、タップダンスシチーなど)の
活躍もあって、近年ほど寡占状態ではありませんが、それでも
社台系生産馬は毎年複勝圏に入ってきていました。

実際、有馬記念における社台系生産馬の出走頭数自体も
年を追うごとに増えてきていたことがわかります。

表にはありませんが00年は社台系生産馬は2頭しか出走しておらず、
有馬記念の複勝圏はテイエムオペラオーに代表される非社台の馬で
占められていました。

01年も2頭しかいなかった社台系生産馬ですが、
2頭とも複勝圏に入るという快挙を成し遂げています。
この辺りから活躍がスタート・・・

徐々に数を増やしていって05年に約半数の7頭にまで増加
それまで活躍していた外国産馬などを封じ込めて
とうとう複勝圏の独占を達成しました。

その後は半数を超える8頭、9頭出しといった超多数派をキープし、
盤石の態勢を敷いて・・・今に至る、と。

今年の出走馬の生産拠点を見てみると・・・

★社台F
ヴィクトワールピサ
エイシンフラッシュ
オルフェーヴル
ペルーサ
シャドウゲイト

★ノーザンF(社台)
トーセンジョーダン
ルーラーシップ
ブエナビスタ
ローズキングダム
トゥザグローリー
レッドデイヴィス

★その他
アーネストリー(ノースヒルズマネジメント)
キングトップガン(北星村田牧場)
ジャガーメイル(アイオイファーム)
ヒルノダムール(橋本牧場)
マイネルキッツ(ビッグレッドファーム)

今年も昨年に続き過去最多タイの11頭が社台系生産馬
うーん、数にものを言わせた?昨年も複勝圏を独占したことを考えると
今年もその勢いは続きそうな感じです。

社台系が多数派になってからは非社台の馬がほとんど好走出来ていない
状況を考えると今年も社台系の馬で上位は独占されてしまいそうですね。

※ブエナビスタの母、ビワハイジは元を辿れば早田牧場新冠支場産の馬。
 そういう意味では有馬記念に縁がある馬なのかもしれません(^^)
 

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック