けいけん豊富な毎日

北朝鮮(今後のシナリオ)  担【けん♂】

最悪の独裁者、金正日が亡くなりましたね。

独裁者が独裁者のまま、最後は病気だとはいえ、天寿を全うするというのは
結構稀な例だったのではないでしょうか。

チャウシェスクもフセインもカダフィも最後は民衆や軍部によって
命を絶たれました。

金正日の恐ろしいところは、恐怖政治を徹底したことだと思います。
究極の密告国家を作りあげ、他人は誰も信用できない状態
民衆を陥れ、横のつながりを作らせないようにした、というのは
反対勢力を作らせない(もしくは拡大させない)ために
非常に大きな効果をあげたはず。

あとは情報を統制し、世界の実情を国内に見せないようにした点も秀逸。
心の中で「この国はおかしいんじゃないか」と思っても
他国の情報が入ってこないだけに、確信がもてない上に
周りに相談しようにも、変なことを言えば密告されて強制労働所送り・・・。

いやー自らの猜疑心の強さを国民に押し付けるような徹底した
国民管理の仕方はおそらく誰にも真似出来ないことだと思います。

三男の金正恩に権力は委譲されたことになっていますが、
少なくとも一極集中の管理体制にはなっていないでしょう。

実質的な権力(影響力)を持っているのは金正日の側近たち。
金正恩が彼らを牽制しながら、自らの統率力を強めていく作業を
乗り切れるような人物であれば・・・恐怖政治はそのまま
引き継がれる可能性があるかもしれません。

ここからはあくまで推測。

おそらく近い内に中国トップと金正恩の接触があると思われます。
北朝鮮国内の事情を良く知る中国からしたら、影響力を強める
大チャンス。

まずは・・・食糧だけでなく、産業など中国資本の大規模な協力体制が
密約されると思われます。

金正日は情報の流通や過度の産業発達をあえて抑えていた節が
見受けられますが、金正恩にそんなことが出来るかは微妙。
国外留学経験もあるだけに、中国からの甘い汁に首を横に振ることは
出来ないのではないでしょうか。

経済や情報の発達はさらなる利権闘争の始まり。

最終的には北朝鮮の経済が悪化しているのは「金一族のせい」
ということになり、金正恩は亡命・・・(おそらく中国?)

中国がバックについた軍事政権が立つことになる、というのが
私の読みです。

北朝鮮を中国化することも可能だと思いますが、
そこまですると米国をはじめとして世界から非難が集中するでしょうから
あえて北朝鮮独自の政権を押し立てる形にして、
韓国との間の防護壁にするというのが現実的なラインかと。

中国からしたら経済支援という名目付きで実効支配出来るわけですから
非常にやりやすいでしょうね。

実際問題、北朝鮮国内の権力闘争に直接関わっていけるのは
中国だけだと思われます。
日本は・・・ここでも傍観者ですかね。
まぁ積極的に関わりたい話ではないとは思いますが、
さらなる中国進出の脅威にだけは注意していかねばならないと思われます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

最悪のシナリオ

ですね。

韓国や日本やアメリカにしてみれば…

今の韓国に戦争になってまで「半島統一」をしようと
まで突っ張るだけの国としての体力がない
のは周知の事実ですからね。

どちらにしても中国と韓国の戦争に日本が火の粉
を被らない訳がないので、拉致問題も大事だけど
この極東のパワーバランスに目を向けた方がいいですね。

uta39er | URL | 2011年12月21日(Wed)07:00 [EDIT]


>uta39erさん
おっしゃるとおり、本来吸収合併に
移行したい韓国には余力なし、ですね。
難民を引き受けたら一気に国力が低下する
と考える向きの方が強い感じです。

その隙を突くのが・・・やはり中国かと。
大きなパワーバランスの変化がありそうですね。
不穏な空気はまったく歓迎出来ませんが
日本政府のかじ取りに注目したいと思います。

けん♂ | URL | 2011年12月21日(Wed)09:17 [EDIT]


朝鮮半島に関わると碌な事が起きないので、何とか日本は火の粉が被らない傍観者でいたいなぁ・・・。
もちろんお金も一切出さないで。
ところで、日本の悪口を言うときにはウンコ漏らしそうな勢いでしゃべる
北の名物「女子アナ」がまた見れてよかった、もういなくなったと思いました。
有馬記念、本当に楽しみです。
競馬の楽しめる国にうまれてよかったなぁ~!

さる吉 | URL | 2011年12月21日(Wed)10:00 [EDIT]


>さる吉さん
本当にロクな事がありません(爆)

でも放っておくとさらにロクでもないことに
なりそうなだけに、政府にはしっかり対応して
もらいたいものです・・・って信用出来ないんですけど(>_<)

例のアナウンサーは戻ってきてましたね。
次の世代でも同じ人がやり続けるんでしょうか(^^;

日本に生まれたというだけで
相当なラッキーですね♪
今週も存分に楽しんでいきたいと思います(^^)g

けん♂ | URL | 2011年12月21日(Wed)20:51 [EDIT]


 

トラックバック