けいけん豊富な毎日

有馬記念(各馬分析2)  担【けん♂】

有馬記念(中山2500m)出走予定馬の各馬分析、第2弾です。

ヒルノダムール】牡4 57.0 (栗東) マンハッタンカフェ×(ラムタラ)
末脚があるイメージですが、本格的な脚比べになると少し見劣る
こともあって、どちらかと言えば内回り巧者。
皐月賞でも2着に入っており、後半が締まった流れになった大阪杯も
勝っています。適性的にはかなり高いと考えて良さそうですが
今回は凱旋門賞からの帰国初戦・・・状態面についてはしっかりと
見ておく必要がありそうです。

ブエナビスタ】牝5 55.0 (栗東) スペシャルウィーク×(Caerleon)
有馬記念では連続2着と勝ち切れていませんが、本来は直線が長い
競馬場向きの馬でこの成績は逆に凄みを感じます。
トップスピードに乗るまでの反応速度が速く、長く脚が使える上に
キレ味抜群という万能型の名馬。3度目の正直で勝ち切って
引退の花道を飾るのか、それとも後進にバトンタッチする
レースとなるのか、どちらにしてもこれまでの活躍に拍手を贈りたい
ところです。適性を能力でカバー出来る馬、最後はどんな走りを
見せてくれるでしょうか。

ペルーサ】牡4 57.0 (美浦) ゼンノロブロイ×(Candy Stripes)
JCでは直線入り口で外から被せられた途端に走る気を無くしたように
大失速、まさかの最下位に敗れてしまいました。
この秋は本格的に充実した馬体になってきているだけに、
気性の弱さが出てしまったのは非常に残念です。
ごちゃつくと競馬がまったく出来ないので、大きく外を回すしかない馬。
早めに上がって行って脚を使うか、昨年のように好位で
競馬が出来れば・・・

マイネルキッツ】牡8 57.0(美浦) チーフベアハート×(サッカーボーイ)
今年に入ってからはなかなか上位に食い込めない成績が続いていましたが
前走のステイヤーズSを勝って復活。やはり母系のサッカーボーイが
示すとおり、長い距離でこそという感じですね。
中山適性は非常に高いだけに、自分のレースが出来れば侮れないものが
あるかもしれませんが、年齢的にも上位馬相手だと分が悪そうです。

ルーラーシップ】牡4 57.0(栗東) キングカメハメハ×(トニービン)
脚元の不安でこの秋に使うことが出来ず、今回は宝塚記念以来となります。
ここ2戦は後方から押し上げる形になりましたが、好位からでも
競馬が出来るので、前につけて脚を使うのであれば中山でも
こなせるかもしれません。
フットワークが無駄に大きいと言われる馬だけに(笑)本来は外回りの
広いコース向き。信用度は下がりますが、能力の高さでどこまで・・・

レッドデイヴィス】せ3 55.0 (栗東) アグネスタキオン×(トニービン)
復帰戦となった鳴尾記念では+20kgとしっかりと馬体を戻し、
中段から伸びる競馬で圧勝。スローペースを前で粘る馬、という
イメージを覆す好走を見せた点で今後が楽しみになりました。
ただし、末脚勝負だと上位馬相手にどこまでやれるかは微妙ですし、
前で粘る競馬だと最後に脚が止まるパターンが多かっただけに
ここでは余程上手くハマらないと厳しいかもしれません。

ローズキングダム】牡4 57.0 (栗東) キングカメハメハ×(サンデーサイレンス)
ハードなレースになった天皇賞秋での失速はまだしも、
同様の位置取りだった馬にキレ負けしてしまったJCでの敗戦は
ちょっと限界を見せてしまった印象。
馬体重も少し増やし、斤量への耐性も低くはないだけに57kgまでなら
こなせてもいいと思うのですが、一線級を相手にする場合は
微妙なハンデが大きな差になってくるのかもしれません。

ヴィクトワールピサ】牡4 57.0(栗東) ネオユニヴァース×(Machiavellian)
中山では4戦4勝と完璧な成績。国内復帰戦のJCでは後方を
周ってくるだけ、という内容で大敗。あまりにもやる気を
感じられないものだけに遠征の影響だけとは思えず、
意図的に調整に使ったのでは・・・という疑念も持たざるを得ません。
叩いて良化があれば得意条件だけに侮れませんが
本当に調子を崩しているのか馬体を確認したいところです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック