けいけん豊富な毎日

JCD(各馬分析1)  担【けん♂】

JCD(阪神D1800m)出走予定馬について見ていきたいと思います。

エイシンダッシュ】牡5 (栗東) ワイルドラッシュ×(Danzig)
前につけて脚を使ったときには好成績をおさめていますが、
時折後方からになってしまうのが安定感に欠けるところ。
前走は休養明けに+14kgと体を戻したものの、少々重かったのか
後方から何も出来ずに14着と大敗。重賞では荷が重いと見切るには
早いですが、上位馬相手にGⅠでどうこう出来るほどの実績ではないのも事実。

エスポワールシチー】牡6 (栗東) ゴールドアリュール×(ブライアンズタイム)
米国遠征のダメージは予想以上に大きかったようで、無敵を誇った時代の
勢いにはなかなか戻れません。前につけて脚を伸ばすスタイル、
トランセンドとの叩き合いになるのは必至だと思いますが、
前脚の掻き込みがちょこちょこと細かくなっているのが気になるところ。
急坂のある阪神ならば逆にプラスに働く可能性もありますが・・・

キングスエンブレム】牡6 (栗東) ウォーエンブレム×(サンデーサイレンス)
昨年のJCDでは3番人気に推されながらも中段からまったく伸びず
9着に敗れてしまいました。
この秋のシリウスSで中段から上手く押し上げて2着に食い込み、
復活の気配でしたが、前走では前がまったく止まらず
脚色で及ばないのではどうしようもありませんでした。
現状では上位馬との力の差は大きい感じ。そこまでキレる脚もないだけに、
逆転は難しそうです。

ソリタリーキング】牡4 (栗東) キングカメハメハ×(サンデーサイレンス)
良血馬がいよいよ本格化傾向。古馬重賞挑戦経験がないだけに
実績面では大きく不足がありますが、好位から安定して末脚を
使えるだけに、展開次第で上位進出の可能性は十分にありそうです。
持ち時計に不足があるだけに、厳しい試練にはなりそうですが
上手く前に取り付いて行ければ・・・

ダイショウジェット】牡8 (栗東) クリプティックラスカル×(マグニテュード)
過去のJCDでは10着、12着と振るわず。
このところポツポツと好走しているレースも1400mと短めに
なってきているだけに、今更1800mで上位馬相手に
どうこう出来る感じはなさそうです。

ダノンカモン】牡5 (栗東) シンボリクリスエス×(Ogygian)
昨秋から連対を外したのはフェブラリーSの4着だけ、と
非常に安定して好成績をキープしていますが・・・実はまだ重賞未勝利(爆)
重賞ならばいつでも勝てそうなくらいの実力はあると思いますが
どこか勝負弱い面があるのかもしれません。
1600万下で1600mを勝っていますが、上位レースでは
1400mに勝ち星が集中、更なる距離延長はマイナス材料になる
可能性が高そうですが・・・。

テスタマッタ】牡5 (栗東) Tapit×(Concern)
不安定な成績ながら大事なレースでは勝負強さを発揮するタイプ。
JDDを勝っており、フェブラリーSでも2着と健闘。
この春には今回と同条件のマーチSを勝っています。
前走は後方からの競馬でまったく届きませんでしたが
この馬の持ち味の末脚は発揮しており、叩いての良化が期待出来るなら
面白い1頭になるかもしれません。

トウショウフリーク】牡4 (栗東) キングカメハメハ×(ダンシングブレーヴ)
ダートに転向してから4連勝、重賞初挑戦となった前走でも
エスポワールシチーの2着と健闘しました。
かなり思い切って先行出来るタイプなので、この馬が参戦すれば
ペースが緩むことはなさそうです。
とはいえ、3馬身以上の差をつけられての完敗からの巻き返しだけに
逆転までは難しそうですね。急坂で脚が止まるようだと・・・

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック