けいけん豊富な毎日

JC回顧(雪辱の舞台に大輪の花が咲く)  担【けん♂】

今年は16頭立てとフルゲートにはなりませんでしたが、GⅠ馬が10頭
非常に面白いメンバーが揃ったJC

凱旋門賞馬デインドリームが参戦したため、デビュー以来続いていた
ブエナビスタの連続1番人気の記録がとうとう途絶えてしまいました。

予想は→ココ

結果は・・・

1着◎ブエナビスタ   2.24.2  上がり33.9
2着 トーセンジョーダン  クビ
3着 ジャガーメイル

6着○デインドリーム
7着▲シャレータ
11△トゥザグローリー
16×ペルーサ

※全着順は→ココ

先手を取ったのはミッションアプルーヴド。
外国馬だけに出方の判断が難しいところでしたが、他に逃げたい馬もおらず
すんなりとハナを切ることが出来ました。

2番手には・・・なんとトーセンジョーダン
大外に入ったことと前走の内容から控えるのでは、と想定しましたが
ウィリアムズ騎手をなめてました(恥)
前で踏ん張ってこそ、という馬・・・他の馬が先行争いをしないことを
わかった上で本来の持ち味を活かすための位置を奪いに行ったのは
さすがです。

トレイルブレイザー、トゥザグローリーが少し離れて続き、
ブエナビスタはその後ろの内。

半馬身後ろにローズキングダム。
スタートで下げたペルーサは早めに上がって行ってブエナビスタを
交わしていく形。

その後ろの内にジャガーメイル、外にエイシンフラッシュ、シャレータ。

好位で競馬をしたかったデインドリームはそのまた後ろを追走。
後方2番手にウインバリアシオン、最後方にはヴィクトワールピサが
ポツンと離れた形で続くことになりました。

13.0-11.7-12.4-12.5-12.2-12.3-12.5-11.9-11.2-11.0-11.5-12.0
前半1000m 61.8
後半1000m 57.6

前半1000mはスロー気味の展開。
一応想定どおりとなりました。しかし・・・後方に控えていた
ウインバリアシオンが3コーナーで一気に前に上がり、
ミッションアプルーヴドに被せて行ったことで流れは激変

直線手前のカーブの途中から急加速が始まり、カーブの出口で
すでにスパート開始・・・1000m近いロングスパート
なっています。

直線に入って余力を無くしたミッションアプルーヴドが後退。
先頭に立ったウインバリアシオンに外から力強くトーセンジョーダン
並びかけて行きました。

内を狙ってトレイルブレイザーも前に詰めて、一旦はトーセンジョーダン、
ウインバリアシオンと3頭横並びになりますが、武豊騎手の好騎乗の助けも
ここまで・・・

こういう消耗戦はトーセンジョーダンにとっては願ってもない展開、
地脚の強さを思う存分活かすことになった感じです。
横の馬を競り落として抜け出して勝った!というところに
後方から追いかけてきたブエナビスタが迫り、2頭の激しい叩き合い!

最後はブエナビスタが意地を見せつけて実質的な連覇達成!
昨年のJCの雪辱を果たしました(^^)g

今回は直線に入ったところで内に切れ込まず、スッと外に持ち出して
抜け出す進路を見定めた岩田騎手
末脚を信じて冷静に立ち回ったことが大きかったと思われます。
同じ失敗はしない、という一流騎手の矜持を感じる騎乗でした。

ブエナビスタが外に出したところで真横にいたのは
トゥザグローリーでしたが、瞬発力の差を見せつけられただけでなく
その後にズルズルと後退。うーん、まだ本調子ではないのか
それとも能力の限界なのか・・・

内で追い出しを我慢していたジャガーメイルが若干仕掛け遅れ気味に進出。
このところ存在感を出せていない感じの四位騎手ですが(爆)
以前のように無理に外に出すようなこともなく、
枯れた騎乗?で余力を失ったウインバリアシオン、トレイルブレイザーを
最後に交わして3着に入線。
上位馬とは力の差を感じるものの、7歳にして衰えがないことを
しっかりと示してくれました。

デインドリームは大きく外を回して追いかけましたが、
前から抜け出す馬とは位置取りの差が出てしまいました。
瞬間的に伸びるタイプではなく、ワンペースで長く脚を使う感じ。
伸びあぐねた馬群をかわし切って6着に上がったのはさすがですが
正直、何も出来なかった・・・というレースだったと思います。
この馬こそ、もう少し積極的に捲くり上げるような競馬が出来れば
もう少し面白くなりそうだったんですが・・・

レース後のコメント

1着 ブエナビスタ(岩田騎手)
やっとブエナビスタの強い競馬を見せることが出来ました。
最強馬であることを証明出来ました。スタッフが最高の仕上げをしてくれて、
返し馬の動きも良く、走りがノビノビしていました。枠順も良かったので
中団より前へつけることが出来ました。レースが激しくなりましたが、
直線は負けん気を出してくれました。最後、抜け出せる脚はあるので
ハナ差でも勝てればいいと思って追いました。外から音は聞こえなかったので、
トーセンジョーダンを交わせばと思いました。前回、自分の判断ミス
申し訳ない気持ちでしたが、今日は素晴らしいレースを出来て良かったです。
有馬記念でもまたいいパフォーマンスを見せてくれると思います


2着 トーセンジョーダン(ウィリアムズ騎手)
前走の天皇賞(秋)をDVDで何度も見ました。あの勝利は決して
フロックではなく、実力だと思いました。だから自信を持って乗りました。
ピンナ騎手が来日していて、彼と馬の癖や作戦について話し合いもしました。
距離が延びることはいいとも思っていました。レース前は4、5番手くらいで
と思っていましたが、ミッションアプルーヴドがハナを切ったので
スローになると思い2番手につけました。一旦先頭に立って“頑張ってくれ!”
と声を出しながら追いましたが、今日のブエナビスタは強かったです。
しかし、この馬も差し返していて、力を証明してくれました。
有馬記念がまた楽しみです


3着 ジャガーメイル(四位騎手)
前走はこの馬に合わないレースでしたが、状態は一段といいと聞いていましたし、
距離も延びて追走も楽でした。ロスのない競馬が出来ましたが、欲を言えば、
並ぶところまで行きたかったですね


4着 トレイルブレイザー(武豊騎手)
枠順も良く、内をピッタリと回って行きました。乗りやすい馬で、
理想的な競馬が出来て、よく頑張っています


6着 デインドリーム(シュタルケ騎手)
ゲートの出が少し遅く、その後すぐに他の馬にぶつけられて1、2馬身遅れました。
凱旋門賞の時の姿を見せることは出来ませんでしたが、
シャレータには先着しているので、まったく力を発揮しなかった訳ではなかった
と思います


(シールゲン調教師)
スタートも良く、思い通りのレース展開となりましたが、
馬場とペースが合わなかったのか、直線では思うように伸びてくれませんでした。
馬の状態も良かっただけに残念です。日本の競馬は素晴らしいし、
来年もまた挑戦したいと思います。今後、年内は休養に充てたいと思いますので、
有馬記念は回避するつもりです


7着 シャレータ(ドゥロワイエデュプレ調教師)
最後の直線ではいい脚を使ってくれましたが、仕上がりが100パーセントでは
なかったのかもしれません


9着 ローズキングダム(メンディザバル騎手)
道中のポジションは良く、4コーナーまではいけると思いましたが、
最後は何故か伸びなさ過ぎです。前走は速い流れで最後バタッと止まりましたが、
今日はスローの流れでしたから、去年勝った時の出来になかったのかもしれません


12着 サラリンクス(スミヨン騎手)
スタートしてからいいポジションが取れませんでした。
道中はブエナビスタについて行こうとしましたが、最後は離されてしまいました


(J・ハモンド調教師)
彼女は力を出し切ったと思います。言い訳することはありません

13着 ヴィクトワールピサ(デムーロ騎手)
道中はデインドリームについて行こうと思いましたが、
ゴチャゴチャしたところもあり、この結果に少しガッカリしています。
やはり、このレースの前に一度レースを使っていればまた違ったと思います。
今日は100パーセントの状態ではありませんでした


14着 ミッションアプルーヴド(エスピノーザ騎手)
日本で初めてのレースだったのですが、馬場も硬く、レースもタフでした。
この馬は先行馬なので自分の競馬は出来たのですが、
途中でウインバリアシオンに被せられてから苦しくなってしまいました。
距離ももう少し短い方がいいかもしれません


(チャタポール調教師)
この馬には少し距離が長かったし、馬場も少しタフに感じられました。
この馬は先行馬なので自分のレースに徹しました


16着 ペルーサ(横山典騎手)
久々で出走した天皇賞(秋)でいい走りをして、中間の追い切りにも乗って
期待してレースに臨みました。しかし、レースがスローになり、
馬込みに入って向正面で内にモタれるなどして、3、4コーナーでは
もう手応えがありませんでした。力はあるのですが、精神的な脆さがあるようです


スタート直後にトーセンジョーダンが前につけたことで
馬券を割られるのは覚悟しましたが、それにしても本当に強いですね。
体調が維持出来れば有馬記念でも勝ち負けは必至だと思います。

期待の4歳勢は・・・トレイルブレーザーが気を吐いたものの、
ローズキングダム、トゥザグローリー、エイシンフラッシュ
最後に伸びあぐねてしまいました。
脚をためての瞬発力勝負に特化した系統、と考えた方が良さそうですね。
ウインバリアシオンが超ロングスパート合戦を演出しなかったら・・・
もう少し良い勝負が出来たかもしれませんが、今後もコースと
展開に注文がつく
ことを覚えておきたいところです。
・・・馬体の出来が良く見えたペルーサは後半のペースアップに
耐え切れずに下がる一方。
直線に入ったところで外から被せられて万事休す。
最後はまったく追うこともせずにまさかの最下位転落。
怪我とかではないといいんですが・・・
精神面の問題だとしても今後にも尾を引きそうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

現4才世代がなんか色褪せていってるような…
普通の重賞では結果出してるんですけどG1では微妙な秋競馬ですね。
ウインバリアシオンを物差しにしたらオルフェーブルはかなり超越した強さなんでは、と最強幻想が湧いてきました(^^;)

ガムラン | URL | 2011年11月27日(Sun)20:13 [EDIT]


けんさんの回顧は毎回勉強になります。レースではブエナビスタ頑張りましたね(笑) 残り4ハロンからのスパートでレースレベルが高く底力が問われる内容になりましたね
昨年の有馬記念を彷彿させるレースでした。
やはり格式の高いレースで良いメンバーが揃い逃げ馬が不在の場合、極端なレースになりやすいと思います。
スパート地点が例年より速かった事でレース全体のラップバランスは有馬記念に直結しやすいレースになってしまった事は 非常に残念です。このレースで上位に入選した馬は自動的に人気になってしまいますよね(泣)有馬記念は馬券妙味は薄くなってしまう…穴になりそうなのはやはり…トゥザグローリーが逃げる!これしか無いですよね(>_<)

ファイナルアロー | URL | 2011年11月27日(Sun)21:21 [EDIT]


けんさん♂、こんばんは。

最終予想後のコメントの少なさから、皆さんのこのレースに対する勝負気配がひしひしと感じられました。

かく言う私も本年度最大の勝負でしたが、トーセンジョーダンの年度代表馬の夢は潰えたものの、ブエナビスタの抑えでなんとかチョイ勝ち程度に収まりました。

f^_^;それにしても4歳世代…

(^O^)それでは。

トウショウないと | URL | 2011年11月27日(Sun)22:44 [EDIT]


◎的中さすがです!

◎的中さすがです!
ブエナビスタは前走よりはずっとましでしたが、ちょっとまだ物足りない感じがしたので
僕はデインドリーム本命にしました。
デインドリーム、騎手は日本に慣れてないから不安だったけど、今年の凱旋門の芝はいつもと全く違っていたし
あのパドックと調教みたら絶対に買いたくなりました。
パーフェクトな馬体でものすごくいい馬だなあと。
今回は負けたけど高速馬場への適性はあると思ってます。
道中ずっとリズム崩して走ってましたし
馬に負担かかりそうな乗り方で、騎手が慣れてないから騎手の差なのかなあと。
テレビや画像検索で見るのとフォトパドックで見るのとでは印象違うのはいつものことなので
本当に自分好みの馬体なのかはわかりません。
よくわからない結果になりました。
馬場状態を事前に知りたいんですけど平場見ててもインがめちゃくちゃ有利なのかは正直よくわからないです。
2400mの平場のハイペースなレースでシュタルケ騎手が外から差して2着したレースを見て、内外そんなに差はないと思いましたがメイン見ると、内が相当有利だったのかなあと。

ジャガーメイルだって去年の方が良かったし、トレイルブレイザーは4着したけどそんなにたいした馬ではないと思います。この二頭はエイシンフラッシュより0.3秒以上弱いと思うんです。
位置取りコース取りの差で0.8秒ぐらいもタイム変わるんですね。
エイシンフラッシュはいつも馬体はいいけど根性なし?でいつも負ける。
それでもローズキングダムとトゥザグローリーとタイム同じだから別に凡走したとは言えないか。

イルカ | URL | 2011年11月27日(Sun)22:47 [EDIT]


レースを録画観戦し、安藤勝騎手から岩田騎手へバトンが渡された様に見えて、感動しました。エイシンフラッシュは8着と残念でしたが、良いレースでした。
しかし今回、ウインバリアシオンがロングスパート粘っての5着とは、この世代の強さを改めて見れたのが収穫でした。4歳勢は、今後厳しそうだなぁ。。。

アポロン | URL | 2011年11月27日(Sun)23:08 [EDIT]


有馬が楽しみ♪

う~ん、栄進は瞬発力だけではないと思うんだけどな~・・・
それにしても四歳がダラシナイ・・・
ジャガメの三着よりも四歳が勝ち負けしなかったことにショッキング~(>_<)
ホンマに最強世代なのか?って愚痴りつつ、ブエナさんはアッパレ♪

果たしてオルフェは、この偉大なる女傑に勝てるのか?

ジュサブロー | URL | 2011年11月28日(Mon)02:20 [EDIT]


フルスイング馬券、まさかの的中でした(^O^)
岩田騎手の府中勝率が邪魔して、3連単こそ外しましたが、トーセンJとジャガーMの3連複をGETしました。
今年の忘年会ラッシュで、金銭面の苦労することが無くなり、ホッとしてます。

タカジョー | URL | 2011年11月28日(Mon)10:41 [EDIT]


>ガムランさん
年明け頃の勢いは凄かったんですけどね・・・
G1となると歴史的な馬が上位にいるだけになかなか
結果が出せていません。
巻き返しに期待したいものです。

オルフェーヴルに対する期待は高まりますね。
有馬記念が盛り上がりそうです(^^)

けん♂ | URL | 2011年11月28日(Mon)16:17 [EDIT]


>ファイナルアローさん
ありがとうございます(^^)

まったくもっておっしゃるとおり、擬似有馬記念という
内容になったので、人気の上での妙味は皆無に
なってしまいましたね。
トゥザグローリーはもっと粘る伸び脚が使えると
期待しているんですが・・・負け方が気になります。
マツリダゴッホのような乗り方が合うのかも?!

けん♂ | URL | 2011年11月28日(Mon)16:17 [EDIT]


>トウショウないとさん
ひとまず的中おめでとうございます(^^)

色んな意味で狙い頃なレースでしたね。
うまく勝ちで収めた方は素晴らしいと思います。

4歳世代・・・あとはルーラーシップの復活に
注目でしょうか・・・

けん♂ | URL | 2011年11月28日(Mon)16:18 [EDIT]


>イルカさん
どうもです(^^)

騎手と展開、今回は安藤勝騎手の早仕掛けで大きく
展開が動いてしまいました。
後半勝負に賭けていたデインドリームには
厳しい形になってしまいましたね。

内外の馬場差というより、外に開くロスが大きかった
気がします。武豊騎手は久しぶりに?素晴らしい騎乗だったと
感心しました。
着順だけが力の差ではないと思いますので
負けた馬にも巻き返しを期待したいものですね。

けん♂ | URL | 2011年11月28日(Mon)16:18 [EDIT]


>アポロンさん
エイシンフラッシュは前走の反動もあると思いますので
8着は相当な頑張りなのではないでしょうか。
岩田騎手は低迷期を抜けた気配、これからも
G1で活躍してくれると思います(^^)

考えてみると4歳世代には万能型の強い馬が不在なのが
難しいところ。ブエナビスタのあとを継ぐのは
世代を飛び越えてオルフェーヴルになるのかも・・・

けん♂ | URL | 2011年11月28日(Mon)16:18 [EDIT]


>ジュサブローさん
おっしゃるとおり、エイシンフラッシュは底力も相当高いと
思います。今回は条件が厳しかったですね。

有馬記念は4歳馬の巻き返し、ブエナビスタのラストラン、
そしてオルフェーヴル!うーん、楽しみです。

けん♂ | URL | 2011年11月28日(Mon)16:19 [EDIT]


>タカジョーさん
的中おめでとうございます(^^)

ジャガーメイルにまでしっかり目を配ってらしたのは
素晴らしいですね。
次は有馬記念で新年会の分を頂きましょう!
期待しています♪

けん♂ | URL | 2011年11月28日(Mon)16:19 [EDIT]


 

トラックバック