けいけん豊富な毎日

JC(斤量負担分析)   担【けん♂】

JC(東京2400m)の出走馬が決まったところで斤量負担についても
見ておきたいと思います。

実質斤量負担:JC】
JC斤量負担

※外国馬に関しては木曜計量の体重を元に計算。
 前走が海外のヴィクトワールピサは国内最終レースの中山記念のデータを
 採用しています。

今回の外国馬はミッションアプルーヴドが520kgを超える大型馬、
欧州から参戦の3頭は450kgを切る小型馬ばかり。
デインドリームの430kgも相当小さいですが、サラリンクスの410kg
さすがに・・・古馬GⅠではほとんど見た記憶が無いほどの体重です。

デインドリームのここ3戦(3連勝)の斤量は53~54.5kg。
それ以前にイタリアオークスで56kgを背負って勝っていますが
それ以上の斤量を背負ったときには凡走しています。
これだけ体が小さかったら当然かもしれませんね(^^;

過去のJCでの好走の上限は実質斤量負担で12.0%というラインで
線引きがされています。
例外は・・・ディープインパクトのみ。

今回12.0%をオーバーしてしまうのは
・ローズキングダム
・デインドリーム
・サラリンクス


という3頭。
この中でディープインパクト級の例外である可能性があるのは
・・・やはりデインドリームでしょうか。

ブエナビスタ、トーセンジョーダンは体重が落ちているようだと
危険なゾーンに入ってきてしまいます。
当日の体重には注意したいところ。

実質斤量負担で11%を切る馬は・・・過去の例では勝ち切れていません。
今回のメンバーでもいかにもヒモ候補、といった顔ぶれですね(笑)

基本的に斤量負担は前走以下になっている馬が多い中、
実績的に不足があるキングトプガン、トレイルブレイザーの2頭が負担増。
格上挑戦で条件悪化、というのは相当な実力がないと乗り越えるのは
難しそうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

僕も最初はデインとブエナの2頭で…と考えてたんですが、
デインの軽さがどうしてもネックなんです^^;
ディープ級なら勝ち負け、そうでもないなら着外かな~と。単純すぎですかw

し | URL | 2011年11月26日(Sat)00:03 [EDIT]


>しさん
いやー本当に小さいですよね。
おっしゃるとおり、小ささがネックで、
ということは十分にありそうです。
輸送のダメージも怖いですし、
悩ましいですね~

けん♂ | URL | 2011年11月26日(Sat)21:16 [EDIT]


 

トラックバック