けいけん豊富な毎日

JC(中間雑感、有力馬整理)  担【けん♂】

JC(東京2400m)について、ざっと見たところで一休みして
頭を整理してみたいと思います。

パッと最初にメンバーを見て思った直観は

ブエナビスタとデインドリームの一騎打ちじゃね?

でした。

デインドリームは欧州の芝に特化したサドラーズウェルズの系統ではなく
日本の芝にも適性が高そうなタイプ、というのが好印象。
3歳牝馬とはいえ、欧州で国をまたいで好走を続けてきた馬で
輸送によるダメージはクリア出来そうです。
馬格がない馬だけに斤量が軽いのも大きくプラス材料。
このところのレースぶりはまさに力の違いを見せつける完勝続き、
欧州のトップクラスの馬をねじ伏せていることを考えれば
侮れないどころか、圧勝されてもおかしくない気がします。

ブエナビスタは・・・状態が明らかに悪かった前走でも
直線に入ってスッと加速を入れて滑るような動きを見せていました。
馬群に塞がれて万事休す、となってしまいましたが
進路さえあれば圧勝していたかもしれません。
まぁ・・・なんというか、強いという次元を超えて名馬の域に
すでに入っているという印象。
得意条件の今回は当然の本命候補だと思います。

外国馬のレースは観ているとどの馬も強そうに思えてくるわけですが
(勝っているレースを観ているので当然ですね:笑)
おおよその力関係は

デインドリーム>シャレータ>>サラリンクス>>>>>ミッションアプルーヴド

こんな感じでしょうか。
デインドリームはディープインパクトやブエナビスタに印象が被ります。
瞬発力も高く、ロングスパートも出来る万能型。
小さい馬なのに馬群に包まれても隙間を見つけてこじ開けてくる
根性の高さと操作性の高さを併せ持っている感じ・・・うーんやっぱり凄い。

シャレータは・・・闘争心を感じないものの、ワンペースで長く
良い脚を使う馬、という感じでしょうか。先行させたら相当しぶとそうです。
有馬記念に出て来たら◎を打ちたいタイプかも?

他の日本馬の評価は

不安点はあるのものの、期待してみたい馬
・ペルーサ
・トゥザグローリー
・トーセンジョーダン

期待感はあるが、不安点が大きい馬
・エイシンフラッシュ(負荷が大きく掛かった前走の消耗は?)
・ウインバリアシオン(末脚の伸びは古馬と比べてどうなのか・・?)

不安点が大き過ぎなのでは・・・という馬
・ローズキングダム(斤量を背負うと一流馬には敵わない印象)
・ヴィクトワールピサ(元々条件は微妙に不向き。馬体の仕上がりに疑問)
・ジャガーメイル(年齢を重ねて上昇は考えにくい)

日本の名牝と欧州の名牝の頂上決戦となるのか、それとも間に割って入る馬、
もしくは2頭ともをやっつける馬がいるのかどうか・・・
もう少し考えていきたいと思います。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック