けいけん豊富な毎日

スプリンターズS(中間雑感、有力馬整理)  担【けん♂】

スプリンターズS(中山1200m)について、ざっと見てきたところで
ちょっと頭を休めつつ整理してみたいと思います。

当初から、というより1年前から追い続けてきたロケットマン
来日してくれて、正直気持ちの上では完全に入れ込み気味(爆)
実績だけで言えば、日本の馬が太刀打ち出来るような馬ではなく
単勝オッズは1.1倍でも仕方ないくらいだと思うわけですが
適性>能力、ということもしばしば競馬では起り得ます。
情報不足、適性不明といったことからせめて・・・2倍はついて
欲しいなぁと皮算用をしている次第(爆)

レースぶりを何度も見直していますが、スパッと伸びるタイプではなく
消耗戦に持ち込んで相手を振り落としていくような感じですね。
今回はガンガン飛ばす先行馬が不在のため、コーナーで急加速が
入るような展開になると隙があるかもしれません。

まぁそれでもロケットマンと心中するつもりですけどね(笑)

ラッキーナインも強いと思います。まだこれからの馬ですが
今年の結果を元に、来年以降も日本にたびたびやってくることに
なるんじゃないでしょうか(^^;
初の海外輸送、59kgの斤量、久しぶりの距離短縮といった
悪条件をあっさりとクリアして前走では2着と好走。
順調に調整されているようで、今回はさらに上昇が見られそうです。

グリーンバーディーの4着(降着)にはショックを受けました。
正直、このところの実績は芳しくなく、レーティングもグッと
下がっているわけで、この馬にここまで頑張られてしまったのは
日本馬の層の薄さを露呈してしまった感じで悔しい限り。
前が止まってこその脚質なので、本番で上昇があるとは
考えにくいですが、日本陣営次第では・・・

ダッシャーゴーゴーはこれまでもずっと疑いの目で
見続けているわけですが(爆)やはりちょっと足りない気がして
仕方ない馬です。中盤が緩んだレースで結果を出しており、
本格的な消耗戦では脱落・・・昨年とは馬の出来が違うだけに
期待感もありますが、過信は禁物かと。
サクラバクシンオー産駒自体がこのレースは勝ち切れない印象があります。

カレンチャンは馬体もグッと力強くなってきており、
さらに上昇を期待しています。
それなりに良い内容のレースぶりで勝ってきていますが、
短距離重賞の常連クラスとの対戦がなく、力関係がイマイチ
明なのが気になるところ。
スリープレスナイトの面影を重ねて見るにはまだ早いのかも・・・

エーシンヴァーゴウ、エーシンリジルはともに今後が楽しみな馬ですが
サマーシリーズを使ってきただけに、上積みはなさそう。
特にエーシンリジルは前走で脚が止まったところを見せており、
ちょっと無理し過ぎな印象です。
どちらも馬格がない点も微妙・・・。

日本のトップクラスを知る馬、ということでビービーガルダンにも
注目したいところですが、年齢的にもここで好走してしまうと
他の馬が・・・(爆)
以前に比べてレース巧者になってきた印象があるので
上手く流れに乗れば怖い1頭だと思います。

サンカルロ、トウカイミステリー、サンダルフォン、アーバニティは前崩れ待ち。
ヘッドライナー、パドトロアは前で粘るにはスタミナ不足。

万が一、ロケットマンの単勝オッズが低過ぎた場合は
馬単を2点くらいに絞っての勝負でしょうか。
いずれにしろ、打ち上げまでのカウントダウンが始まっている感じですね(笑)

不完全燃焼で終わらないことを祈りたいものです(^^)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック