けいけん豊富な毎日

スプリンターズS(各馬分析1)  担【けん♂】

スプリンターズS(中山1200m)出走予定馬について
見ていきたいと思います。

アーバニティ】牡7 57.0 (美浦) マンハッタンカフェ×(Affirmed)
阪神で行われた高松宮記念で後方から突っ込んで3着。
前に行った馬に厳しい展開になったことから、展開に助けられた着順だった
印象が強いです。同条件で行われたCBC賞では届かずの7着、
やはり前が崩れないと厳しいと思われます。
年齢的にも上積みがあるわけではなく、逆転は厳しそうです。

エーシンリジル】牝4 55.0 (栗東) フレンチデピュティ×(サンデーサイレンス)
北九州記念で2着と健闘、セントウルSでは内を抜けて一旦は突き抜けそうな
感じも見せましたが・・・脚が止まって6着と敗退。
夏に少し休養を挟んでいますが、かなりタイトに走ってきており、
前走でもグッと絞り込んで仕上がっていたことから上積みはなさそう。
前走後に陣営からも休養に入る、というコメントが出ていたわけで
この参戦は・・・ちょっと厳しいかもしれません。

エーシンヴァーゴウ】牝4 55.0 (栗東) ファルブラヴ×(Thunder Gulch)
アイビスSDを3連勝で制し、北九州記念は前で踏ん張って3着、
セントウルSを2番手から押し切ってサマースプリント逆転優勝を
成し遂げました。現在の充実度では国内でも1、2を争うくらいだと
思われますが、突然ポカがあるファルブラヴ産駒だけに過信は禁物です(^^;
中山では後方からになり、何も出来なかった経験があり、
今回は輸送と夏の間の消耗の影響がどう出るかがポイントになりそう。
先行してタフな競馬が出来るという点では適性は高そうなので
もうひと踏ん張り出来るかどうか・・・

カレンチャン】牝4 55.0 (栗東) クロフネ×(トニービン)
阪神牝馬Sに続き、この夏は函館SS、キーンランドCと北海道で
重賞連勝。一躍日本のトップスプリンターの一員に躍り出てきました。
休養を挟んで+10kgと馬体を増やしていますが、フレンチデピュティの
系統はこうしたきっかけで2段階目の成長を見せて本格化する傾向が
見受けられます。この馬もスリープレスナイトに続く名牝になってくる
かもしれません。少し相手関係で楽をしてきた(失礼^^;)印象もあるので
過剰評価は怖い面がありますが、前に行って強いレースが出来ており
脚質的には合いそう。今後を占う大事な一戦になりそうです。

ケイアイアストン】牡6 57.0 (美浦) フジキセキ×(Wolfhound)
中山で行われたバーデンバーデンCでは稍重の中、前で脚を伸ばして
久々の勝利。適性は高いモノがあると思いますが、その後は
北海道で連敗と不安定な成績だけに期待はしにくいですね。
年齢的に厳しい上に重賞実績もなし、さすがに相手関係的に厳しいと
思われます。

サンカルロ】牡5 57.0 (美浦) シンボリクリスエス×(Crafty Prospector)
前が崩れた高松宮記念で後方から飛び込んで2着。
セントウルSでも4着(繰り上がり)に突っ込んできており、
末脚はたしかなモノがある馬です。
脚質的に成績が不安定になるのも仕方なく、要は展開がハマるかどうか・・・
前が崩れないと出番はないかもしれません。

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック