けいけん豊富な毎日

神戸新聞杯回顧(力の差は歴然)  担【けん♂】

春の実績馬と夏の上がり馬が邂逅を果たす神戸新聞杯

今回はしっかりした逃げ馬が不在だったことから、かなりのスローペースに
なることを想定。実力馬が後方からの脚質だっただけに
展開に絡め取られることがあるのか、それとも実力で突破してくるのか、
その辺りが注目点となりました。

予想は→ココ

結果は・・・

1着▲オルフェーヴル   2.28.3  上がり32.8
2着 ウインバリアシオン  21/2馬身
3着○フレールジャック

5着×ショウナンマイティ
6着◎ダノンミル
8着△ステラロッサ

※全着順は→ココ

逃げると想定したイグアスが2番手に控え、思い切って離して逃げたのは
小牧騎手に乗り代わったスマートロビン。

ステラロッサ、ダノンミルは想定どおり前につけての追走。
そして2冠馬オルフェーヴルがしっかりと5番手をキープ
うーん、ペースが緩いとはいえ、実力上位馬にこの位置を
取られてしまってはもうどうしようもありません(爆)

ウインバリアシオンもオルフェーヴルを見る形で中段で追走。
折り合いに不安があったフレールジャックは慎重に中段後方に待機。
さらにその後にショウナンマイティという展開となりました。

12.9-11.9-12.4-12.9-13.4-13.7-12.9-12.7-11.9-11.2-10.6-11.8
前半1000m 63.5
中間 400m 26.6
後半1000m 58.2

過去の神戸新聞杯と比較してみると・・・

10年
前半1000m 63.1
中間 400m 24.9
後半1000m 57.9

09年
前半1000m 60.3
中間 400m 24.9
後半1000m 59.0

08年
前半1000m 61.3
中間 400m 24.8
後半1000m 59.2

07年
前半1000m 58.8
中間 400m 25.3
後半1000m 60.6

前半1000mは過去最遅。さらに中盤の緩み方も酷いですね。
まさにダラダラの超絶スローペース
うーん、逃げた馬は違いましたがペースは想定したとおりです(爆)
後続はさらに離れていたことを考えると・・・消耗度は極端に
低いレースとなりました。

後半、残り800mというところから急加速・・・急流を作っていますが、
好位を追走していた馬も余力十分に前に寄せて行く形。

捲くりあげて上がっていったオルフェーヴルは直線入り口で
すでに前をとらえ、あっさりと抜き去ってあとは離す一方。

ワンテンポ遅れてウインバリアシオン、さらに遅れてフレールジャック、
そしてもうワンテンポ遅れてショウナンマイティが追いかけて行きますが
・・・脚色で及ばず、完敗の内容

圧勝で秋緒戦を飾ったオルフェーブル、2着にはウインバリアシオン
実績馬2頭での決着となりました。

4着に逃げ馬のスマートロビンが残っており、
位置取りが後ろ過ぎたショウナンマイティは届かず仕舞いで
終わっています。
展開的にこういう形の前残りを期待してみたんですが・・・
上位馬の末脚の力はワンランク上でした。
スローペースになることで、実力馬も前につけてくる可能性は考えましたが
・・・まぁ後になり過ぎるかも、といった希望的観測甘過ぎましたね(笑)

★レース後のコメント
1着 オルフェーヴル 池添謙一騎手
大事な秋の緒戦で結果を出せてよかったです。ペースが相当遅かったので、
ジッと我慢させました。ところどころハミを噛みましたが、うまく抜きながら
走れましたし、あとは閉じ込められないように注意するだけでした。
今日は4コーナーで外に膨れたり、直線で内に行ったりとまだ荒削りな面が
ありましたし、どこまで強くなるんだろうと思うぐらいです。
今日は距離を考えながら乗りましたが、うまくいったと思います。
このまま無事にいって、あとは僕がしっかり乗れば三冠を取れると思います。
今日も多少余裕残しでしたし、次はもっとよくなるでしょう。
ぜひ次(菊花賞)もたくさんの方々に競馬場に見に来て欲しいです


2着 ウインバリアシオン 安藤勝己騎手
ゲートも出ましたし、行き脚がよくなっていました。太いという感じも
しませんでした。距離が伸びることはマイナスにならないと思いますが、
3000mは何が起きるかわかりませんからね。それにしても勝った馬は強いですね


3着 フレールジャック 福永祐一騎手
道中はずっと折り合いを欠いていました。距離そのものは問題ありません。
今日負けた相手はダービーの1、2着馬ですからね。力はありますが、
まだ課題もあります


4着 スマートロビン 小牧太騎手
今日は自分のペースでレースをして、どこまで粘れるかというレースをしました。
自分としてはもう少し離して逃げているイメージだったのですが……。
それにしても勝ち馬は脚が違いますね


5着 ショウナンマイティ 武豊騎手
瞬発力勝負のレースになってしまいました。直線に向いてから離されてしまいましたね。
進路もスムーズさを欠く中、最後は差を詰めているのですが……。
阪神よりも京都の方が向いている気がします


この路線からオルフェーヴルを本番で倒せそうな馬は・・・残念ながら不在
という印象。敵は自らの調子だけ、という感じでしょうか。
3冠もいいと思いますが、凱旋門賞を狙ってもチャンスが
あった
んじゃないかなぁ・・・と改めて感じるレースでした(^^)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お疲れ様です

たしかに凱旋門目指してもよかったかも^^;
トライアル2戦とオールカマーのラクリマを見た限り、春とそう勢力図が変わってないかと・・・
三冠極めて濃厚な気が・・・(笑)
でも今年の三歳世代のレベル的な事を考えるとオルフェが三冠達成したとしても、「他馬が弱かったから三冠馬になれた」とか言われるんでしょうね~^^;

個人的に21世紀のサッカーボーイには、秋古馬三冠路線でブエナや四歳勢と対戦して欲しい・・・

The Final Countdown
Europe

ジュサブロー | URL | 2011年09月26日(Mon)00:12 [EDIT]


>ジュサブローさん
洋芝に強いステイゴールド産駒ですし
今年は大チャンスだったような気がします。
とりあえず3冠はおっしゃるとおり
極めて濃厚だと私も思います。

あとは古馬との差ですよね。
ディープスカイが1頭だけ抜けて強かったように
オルフェーヴルも世代の中で1頭だけ
突き抜けている印象、是非JC辺りで
古馬とぶつかってもらいたいものです。

Burn
Deep Purple

けん♂ | URL | 2011年09月26日(Mon)10:32 [EDIT]


順当な結果ですね。
3連単1430円か。
僕の常識では絶対買えない馬券だった。これはしょうがない。

凱旋門出ないのはがっかりしました。
サンデーレーシングだからしょうがない、、、
しょうがなくない。
古馬との対決楽しみです。
ブエナ、ルーラ、ペルーサ、ローズ、エイシンも強い。
どこまでやれるか古馬相手でも完勝しちゃいそうな雰囲気。

イルカ | URL | 2011年09月26日(Mon)10:43 [EDIT]


>イルカさん
過信は禁物、という3歳馬の秋初戦だっただけに
堅い馬券だとはいえ、買いにくい馬券でしたね。

これだけ強いと古馬との激突が
楽しみになりますね(^^)
歴史的な名馬の道を歩めるのかどうか、
わくわくしてきました♪

けん♂ | URL | 2011年09月26日(Mon)20:44 [EDIT]


 

トラックバック