けいけん豊富な毎日

神戸新聞杯(各馬分析1)  担【けん♂】

神戸新聞杯(阪神2400m)について見ていきたいと思います。
2冠馬オルフェーヴルに始動戦、順調に秋を迎えることが出来たのか、
そしてライバル達との力関係はひと夏を越えてどうなっているのか、
大いに注目したいところです。

抽選予定の馬も含めて登録馬の中にディープインパクト産駒が5頭。
非常に高い複勝率を誇る割に、データ的には距離への適応力に
疑問が出ているわけで、今回の2400mそしてさらに距離が伸びる
菊花賞で果たしてどうなのか・・・という点も興味深いですね。

イグアス】牡3 (栗東) ディープインパクト×(Potrillazo)
差し脚を使うスタイルでなかなか勝ち切れず、2走前に逃げる形に
脚質転換して未勝利戦突破、続くかきつばた賞でも2番手から
押し切って連勝を飾っています。
中盤に大きく緩めており、レースレベルは相当低く、
自分のペースで行けないと微妙。他の先行馬との兼ね合い次第の面が強そう。

ウインバリアシオン】牡3 (栗東) ハーツクライ×(Storm Bird)
後方で脚をためる脚質に転換して青葉賞を勝ち、不良馬場のダービーでも
2着と健闘しました。どちらも非常にペースが緩く、レースレベルは
微妙なだけに過大評価は危険かも。春は馬体を絞って結果を出せただけに
休養明け初戦というのも不安があるかもしれません。
前が止まらない展開になると思わぬ苦戦も・・・

オルフェーヴル】牡3 (栗東) ステイゴールド×(メジロマックイーン)
クラシック2冠、というだけでなく阪神外回りのスプリングSでも
完勝しているだけに適性、実績面では完全に最上位評価。
長い距離でこそ、という血統であり、兄と違って大きな走りが持ち味なので
外回りコースへの適性は高そうです。
ここ2戦の勝ち方は圧倒的だっただけに期待感が先行してしまいますが
さらに上回るような走りを見せてもらいたいですね。

カルドブレッサ】牡3 (栗東) ジャングルポケット×(サンデーサイレンス)
毎日杯ではスローな流れの中で脚が使えず完敗。
休養明けの前走では稍重の馬場への適性もあってか、中段から良く伸びて
2勝目を挙げました。春は実績馬にかなり足りない感じだっただけに
成長分でどこまで・・・。距離延長は血統的にはプラスになりそうです。

カーマイン】牡3 (栗東) キングカメハメハ×(サンデーサイレンス)
血統面から期待されたダートでは結果が出せず、芝に戻って
阪神2400mで2勝目。後方からの末脚はハマれば相当な威力が
ありますが、青葉賞では後方から伸びず・・・不安定さもあるだけに
扱いが難しいですね。デビューから体重を落とし続けていただけに
休養を挟んでどこまで戻しているのかにも注意。

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック