けいけん豊富な毎日

小倉2歳S(ローテーションについて)  担【けん♂】

小倉2歳S(小倉1200m)、過去の上位馬のローテーションについて
見ておきたいと思います。

小倉2歳S:1~3着馬のローテーション】
    1着→2着→3着
10年 中2→中2→中2(週)
09年 中1→中5→中2
08年 中3→連闘→中5
07年 中3→中3→中3
06年 中3→中2→中3
05年 中5→中3→中2
04年 連闘→中2→中1
03年 中3→中5→中3
02年 中1→中3→連闘
01年 連闘→中2→中1

連闘  4頭
中1  4頭
中2  8頭
中3 10頭
中4  0頭
中5  4頭
中6~ 0頭

最大で中5週、どちらかというと割合詰まったローテーションでの参戦と
なっています。
昨年は中2週組が1~3着を独占する結果となりました。
08年のツルマルジャパン(3着)を除く入着馬29頭全てが前走小倉。
距離短縮組の入着は2頭だけ(ただし1頭は1200mの経験あり)。

ダートからの入着は一昨年まで前走で古馬500万下と0.1秒差と
高い内容で大差勝ち
した1頭だけ(2着)だったんですが
ダッシャーゴーゴーが2着に飛び込んで2頭目となりました。
基本的には大幅に割り引く必要があるローテですが、
血統的に期待出来る馬については押さえておくのも穴狙いには
いいかもしれません。

今回の出走馬の内、過去の傾向に当てはまらない馬は・・

・美浦所属  なし
・距離短縮  エピセアローム(新潟2歳Sへ?)
・小倉以外  エピセアローム、ゴーイングパワー 
・前走ダート キンシツーストン、ハギノコメント 

新潟2歳Sに回りそうなエピセアロームは適性外、ゴーイングパワーは
内容的に不足ながらサクラバクシンオー産駒だけに侮り過ぎるのは危険かも。
キンシーツートンは時計的には微妙ながら6馬身差の圧勝。
ハギノコメントは厳しそうですが、どちらも芝適性の高そうな血統だけに
変わり身があっても驚けません。

今年の出走予定馬のローテーションに関しては・・・

★連闘
テイエムハエンカゼ
    
★中1週
アイラブリリ
カシノラピス
シゲルスダチ
メイショウダビンチ
  
★中2週
カノヤミノリ
 
★中3週
キンシツーストン
マコトリヴァーサル

★中4週
オウケンハナミズキ
ヴェアデイロス

★中5週
エピセアローム
ゴーイングパワー
ハギノコメント

昨年は中2週組が活躍、一昨年は中1週組に好走馬が出ましたが
それまでは近年になるほど中3週組が好走していました。
連闘の場合は滞在して調整が出来ますが、中1週だと栗東との
往復ビンタになる事が多く(滞在の場合もあり)この時期の2歳馬には
大きな負担になることが考えられます。
特に馬格のないタイプについては少し割り引いた方がいいかもしれません。
今年はフェニックス賞が1週ズレ込んで、本番まで中1週となっています。
この辺りも大きく影響が出そうですね。

ちなみにダートから2着に飛び込んだダッシャーゴーゴーは中5週でした。
条件的には厳しかったものの、間をあけて成長があった、 という要因も
あった印象です。
間を空けることは調整面でリスクもあるものの、2歳馬だけに
良い面もあるのかもしれません。

昨年結果を出した中2週組は今年は1頭だけ。
輸送に不安がある中1週組が多く、期待出来そうな中3週組が2頭。
中4週組はいまだにまったく結果が出せていませんが、
中5週組と合わせて成長分に期待、という感じでしょうか。

能力と調整状況
上手く力を出し切れる馬はどの馬なのかにも注目したいところです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック