けいけん豊富な毎日

小倉2歳S(各馬分析2)  担【けん♂】

小倉2歳S(小倉1200m)出走予定馬の各馬分析、第2弾です。

ゴーイングパワー】牡2 (栗東) サクラバクシンオー×(フジキセキ)
新馬戦(京都1200m)1.10.3 上がり34.7
12.5-11.5-11.6-11.2-11.5-12.0
(35.6⇔34.7)

前週に行われたレースとの比較
3歳未勝利戦 1.09.0 タイム差1.3

競馬場の構造の影響も大きいと思われますが、前半をスローで
まとめて逃げ切って新馬勝ち。
内容的には小倉2歳Sにつながるようなものではなく、
レベル的にも古馬との比較では評価出来ません。
血統的にこのレースに強いので、小倉で一変・・・という
可能性が無きにしも非ずですが、考察上ではかなり微妙。

シゲルスダチ】牡2 (栗東) クロフネ×(ブライアンズタイム)
フェニックス賞(小倉1200m) 1.09.3 上がり35.0 2着
11.9-10.6-11.3-11.6-11.4-12.4
(34.3⇔35.0)

同日に行われたレースとの比較
3歳未勝利戦 1.08.7 タイム差0.6

京都1400mで勝ち上がって前走で再び距離短縮。
フェニックス賞はでは前半をゆったりと追走し、4コーナーで前が
止まったところで進出。2着と健闘しましたが、展開に上手く乗れた印象で、
前が止まらない展開になるようだと厳しいかもしれません。
良い脚を使えている点は一応及第点。

テイエムハエンカゼ】牡2 (栗東) テイエムオペラオー×(カコイーシーズ)
ひまわり賞(小倉1200m)1.09.1 上がり35.4 3着
11.9-10.5-10.8-11.6-11.8-12.5
(33.7⇔35.4)

同日に行われたレースとの比較
3歳未勝利戦 1.07.8 タイム差1.3

スローで流れた小倉1200mの新馬戦を勝ってひまわり賞に
向かいましたが、かなり凄まじいハイペースに巻き込まれて
差し込んだものの3着に敗れてしまいました。
古馬とのタイム差を見てもレベル的にはかなり微妙ですが、
大きく脚が鈍らなかったのは評価出来そう。

ハギノコメント】牡2 (栗東) ファルブラヴ×(サンデーサイレンス)
新馬戦(京都D1200m)1.14.4 上がり37.7 稍重
13.0-11.4-12.0-12.2-12.4-13.4
(36.7⇔37.7)

同日に行われたレースとの比較
3歳未勝利戦 1.12.2 タイム差2.2

ダートの新馬戦を勝ち上がりましたが、血統的には芝適性があっても
おかしくない馬だけに一変に注意・・・ただし、初戦の内容は
かなりレベルが低く、あえて期待するほどではないかもしれません。

マコトリヴァーサル】牡2 (栗東) タヤスツヨシ×(サクラバクシンオー)
新馬戦(小倉1200m)1.09.0 上がり35.1
12.3-10.6-11.0-11.6-11.3-12.2
(33.9⇔35.1)

同日に行われたレースとの比較
3歳未勝利戦 1.09.3 タイム差▲0.3

時計は遅く見えますが、今回のメンバー中、唯一古馬未勝利戦の
時計を上回る勝ち時計となっています。
かなり速いペースで引っ張って、コーナーで少し緩めつつも
最後は素晴らしい伸びで後続を突き放して5馬身差の圧勝。
2着だったメイショウハガクレがフェニックス賞を勝っている点を
踏まえてもレベルは相当高く評価して良さそうです。

メイショウダビンチ】牡2 (栗東) オレハマッテルゼ×(トウカイテイオー)
新馬戦(小倉1200m)1.09.8 上がり34.9
12.4-10.6-11.2-11.7-11.8-12.1
(34.9⇔34.9)

同日に行われたレースとの比較
3歳未勝利戦 1.08.7 タイム差1.1

超スローとなった新馬戦を好位から差し切って新馬勝ち。
前が残る展開を差したキレ味は評価出来ますが、ペースが上がって
どうなるかはかなり微妙。さすがにレースレベルは低過ぎかと。

ヴェアデイロス】牡2 (栗東) サクラバクシンオー×(サンデーサイレンス)
新馬戦(小倉1200m)1.09.5 上がり35.2
12.3-10.6-11.1-11.6-11.5-12.4
(34.3⇔35.2)

同日に行われたレースとの比較
3歳未勝利戦 1.07.8 タイム差1.7

スローペースとなった新馬戦では3番手から差し切って新馬勝ち。
コーナーで前が止まっており、レースレベル、相手関係ともに
かなり低いと考えられ、内容的には評価出来ません。
サクラバクシンオー産駒だけに適性発揮で一変・・・が怖いですが
データ的には厳しそうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック