けいけん豊富な毎日

新潟記念(斤量負担分析)  担【けん♂】

新潟記念(新潟2000m)について、だいたい頭の中は整理出来てきましたが、
展開次第という側面があるだけに最終的には出たところ勝負(爆)
上手くハマってくれるのを祈りたいですね(^^)

実質斤量負担:新潟記念】
新潟記念実質斤量負担

※実質斤量負担=斤量÷馬体重(%)

過去の傾向から見ると、通常の重賞よりも少し小柄な馬の好走
目立つという特徴がある新潟記念。
460~480kgのゾーンの馬が優勢となっています。

それよりも小柄な馬についても440kgまでがおおよその好走ライン。
オペラブラーボが現状では少々厳しい状況です。

逆に体重が重くなっていくと成績低下傾向。
特に500kg以上は割引、520kgを超えるシャイニーブラウンは
データ的にはヒモまでという感じになりそうです。

実質斤量負担では12.5%以上の馬の好走は・・・ゼロ。
12.8%のオペラブラーボには厳しいデータになっています。

11.5~12.0%の馬が中心。

実質斤量負担が軽い馬に関しては馬格が小さく、軽斤量の馬が根い目。
今回の中では・・・プティプランセスが適合しそうです。

簡単なまとめ
今回のメンバーの中では・・・結局オペラブラーボが厳しいくらいで
あとはおおよそ問題ない範囲。
馬格があるシャイニーブラウン、サンライズベガは狙うとしたら
ヒモ候補として考えておきたいところ。

前走で勝っているのにも関わらず、大きく斤量が減っている
エオリアンハープが実質斤量負担の面では狙い目の1頭、と
しておきたいと思います。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック