けいけん豊富な毎日

新潟記念(脚質適性まとめ)  担【けん♂】

ざっと新潟記念(新潟2000m)の有力馬について適性を
見てきたところで、一旦整理をしておきたいと思います。

脚質適性イメージ図
新潟記念ペース適性

ハイペース適性が高い、というか前が崩れないと厳しいのが
オペラブラーボ

セイクリッドバレーはハイペースに非常に強い馬ですが
スローでも前につければ対応出来るかもしれません。

サンライズベガはスローペース寄りながら、どちらにも
対応が利くタイプ。
ただし逆に言えば、どちらにしても決め手に欠ける感じなので
ヒモ候補の一角と考えるべきなのかもしれません。

ヤマニンキングリーも適性的にはどちらにも融通が利きやすい
イメージですが、決め脚を発揮出来るのはスローペースの方だと
考えられます。

ナリタクリスタルはスローペースを前につけてこそ、という馬。
決め脚に欠けるのでハイペースで後ろになってしまうと
足りない部分が出てしまうようです。

エオリアンハープも現状ではスローペースで決め脚を使うことに
特化している感じ。例年の新潟記念のスローペースの流れならば
十分に力を発揮出来そうです。

プティプランセスは決め脚はあるものの、スローペースじゃないと
厳しい感じ。さすがにレベルに疑いがある印象です。

グラフでの考察はしていませんが、シャイニーブラウン
天の川Sでエオリアンハープの2着。
基本的に長い距離のレースを使われてきており、
よりスローペース寄りのタイプだと考えられます。

タッチミーノットは少なくともハイペースには対応出来ておらず、
スローペース向きの馬ではあると思われますが、
仕掛けどころの反応が鈍い印象で、スローだからといって
決め脚を発揮出来るタイプではなさそうです。

あとは今回のペースとレースレベルがどのくらいに落ち着くのか、
というのが大きなポイントになりそうですね。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック