けいけん豊富な毎日

新潟記念(各馬分析1)  担【けん♂】

ステキシンスケクンも南米の地で驚いていることでしょう(爆)
まぁ基本的にバラエティは観ないので私の生活には何も支障がない、
というか、ニュースを観なければまったく気付きもしない話なんですけど(笑)

新潟記念(新潟2000m)出走予定馬について見ていきたいと思います。

エオリアンハープ】牝5 53.0 (美浦) キングカメハメハ×(サンデーサイレンス)
新潟では(3-1-0-0)とほぼ完璧な成績を誇る新潟巧者。
中段から鋭い脚を使うタイプでこのところの好走は直線が長い
東京と新潟に偏っています。中1週になるので消耗が少し不安ですが
馬格がないタイプだけに斤量が軽くなるのは大きくプラスになりそう。
重賞実績はないものの、コース取り次第では一発も・・・。

オペラブラーボ】牡7 56.0 (美浦) オペラハウス×(サンデーサイレンス)
09年にはハイペースで前崩れ気味になった新潟大賞典で後方から
3着に飛び込んだ実績があります。復帰以降は徐々に調子を上げて
きていますが、微妙に勝ち切れない成績。七夕賞は8着といっても
4着とは横一線だったので、大きく負けたわけではありませんが
さらに良化を期待出来る内容でもなかった印象。
馬格が極端にないのも、重賞では厳しい材料になりそう。

サトノフローラ】牝3 49.0 (美浦) アグネスタキオン×(Avenue of Flags)
関屋記念は締まったペースの前崩れ気味の展開になり、
上手く捌いて中段から3着に飛び込みました。
馬格が極端にない小型馬だけに、斤量がさらに軽くなるのは大きくプラス。
似たような展開になるなら侮れない1頭になりそうです。
3歳馬の挑戦は結果が出ていませんが、機会自体が少ないので
関屋記念に続いて過去の傾向を覆す可能性も十分かと。

サンライズベガ】牡7 56.0 (栗東) アドマイヤベガ×(Theatrical)
新潟記念では09年に2着、10年は3着、新潟大賞典でも今年3着と
条件的には得意な設定。前が残る展開になれば今回も好走が
期待出来そうですが、ここ3走で体重が大幅に増えており、
明らかに太目になっているので、今回は大きく馬体を絞ってくるのが
大前提。当日の馬体重に要注目になりそうです。

シャイニングアワー】牡6 53.0 (栗東) ワイルドラッシュ×(Machiavellian)
ダートのマイル周辺以下を走っていた馬。芝は初挑戦になります。
1年ぶりとなった前走では前からずるずると後退して大敗。
叩いての復調もありそうですが、芝の重賞でどうこう出来ると
考えるのは無理がありそうです。

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック