けいけん豊富な毎日

函館記念(斤量負担分析)  担【けん♂】

函館記念(函館2000m)出走予定馬について、実質斤量負担を
見ておきたいと思います。

実質斤量負担:函館記念
函館記念斤量負担
※除外予定馬を含む

58kgとトップハンデを背負うマイネルスターリー
実質斤量負担の上でも最大の負担となっています。

ただし・・・それでも実質斤量負担は11.9%
まったく問題ない範囲。

ハンデ戦の場合は実質斤量負担の少なさは
A)馬格が極端に大きい
B)実力不足のため斤量が少ない


のどちらかを示しているわけで、Aはまだしも、Bの場合は
実質斤量負担の値が小さいからといって高い評価は出来ません。

過去の函館記念を見ても、11.5~12.0%のゾーンの馬が
最も好走しており、ある程度の斤量を背負ったバランスの良い
実力馬が狙い目になりそうです。

今回の中では・・・
・マイネルスターリー
・トウショウウェイヴ
・メイショウクオリア
・エドノヤマト
・ダイワジャンヌ
・コロンバスサークル


この辺りが好走ゾーンに入る馬。
馬体重の増減によって多少上下がありますが、注目したいところです。

今回は前走よりも斤量が軽くなっている馬が多いわけですが、
前走で勝っているのにも関わらず斤量が減っている
・モズ
・ミッキーペトラ


は斤量面では面白い馬になりそうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック