けいけん豊富な毎日

函館記念(各馬分析2)   担【けん♂】

函館記念(函館2000m)出走予定馬の各馬分析、第2弾です。

シャインモーメント】牡6 53.0 (栗東) キングヘイロー×(ブライアンズタイム)
ダートで使われていましたが09年の秋から芝転向。
連勝で1600万下を突破しましたが、重賞に挑戦し出した頃から低迷。
位置取りが好位より後ろになりがちで、前に届かない競馬が続いて
しまっています。欧州血統でありながらも函館ではまったく
好走出来ていなかっただけに、急な良化、対応力に期待するのは酷かと。

ダイワジャンヌ】牝6 52.0 (美浦) タニノギムレット×(Dehere)
馬格がないので52kgで出走出来るのはプラス材料になりそう。
09年にマイル周辺で連続好走がありましたが、近年は失速傾向。
基本的には好位からのスタイルですが、後方になることも多く
前にまったく届いていません。
持続質の脚を使える馬で、消耗戦になるのはプラスになる可能性がありますが、
母系の気性難が出てしまっているのか、不安定な現状では復活は難しそう。

ダンスインザモア】牡9 54.0(美浦) ダンスインザダーク×(リヴリア)
この血統にしては珍しく、内回り、小回りに良績が偏っています。
ハマったときには爆発的な末脚を発揮しますが、ほとんどの場合は
後方で何も出来ずに終了。前走の函館1800mでは最速タイの
上がりを使っており、洋芝適性にも問題はなさそうですが
前にまったく届いていないだけに、脚質的にも合わない感じです。

トウショウウェイヴ】牡6 55.0 (美浦) ステイゴールド×(ニッポーテイオー)
内回り向きの血統ですが、良績は東京に集中。位置取りを押し上げて行くような
競馬が出来ていないために騎手の手腕が影響している印象です。
重い馬場が得意な血統なので洋芝適性には期待出来そうですが
後方で仕掛けが遅れる現状では伸びても・・・

マイネルスターリー】牡6 58.0 (栗東) スターオブコジーン×(サンデーサイレンス)
昨年の函館記念を3馬身差で圧勝。きっちりと前につけて競馬をした
ホワイト騎手の手腕も光ったレースでした。
その後、低迷が続きましたが人気薄での激走こそがスターオブコジーン産駒の
真骨頂(笑)前走で函館に戻った途端に見事な脚で復活勝利を飾りました。
抜群の洋芝適性、重賞実績など今回のメンバーの中では完全に格上。
落としていた馬体を戻し続けて、前走では少し重めになっていた感じなので
今回は少し絞るくらいで出てこれたら仕上がりそうです。

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック