けいけん豊富な毎日

安田記念(各馬分析1)   担【けん♂】

安田記念(東京1600m)出走予定馬について見ていきたいと思います。

アパパネ】牝4 56.0 (美浦) キングカメハメハ×(Salt Lake)
相手が万全ではなかったとはいえ、ブエナビスタを破っての
ヴィクトリアマイル勝利は高く評価出来る内容。
馬場状態の違いがありますが、勝ち時計は1.31.9と安田記念のレコードに
0.2秒差に迫っており、高いスピード能力があることを示したのは
大きかったですね。昨秋は秋華賞後に少し出来落ち気味になっただけに
ピークが短そうなのが気になるところ。馬体の出来には要注意。

エーシンフォワード】牡6 58.0 (栗東) Forest Wildcat×(Cure the Blues)
昨年のこのレースでは外枠から強引に押して行ったために逃げる形になり、
ハイペースを作って失速。秋にはマイルCSを制しましたが、香港遠征を
挟んで、この春は結果が出せず。ストームキャットの気性難が出るならば
もっとも激しく凡走をしていると思われるので、まだ大崩れするような
状態ではなさそうです。東京では勝ち切れておらず、スタミナを問われる
ハイペースになると厳しい感じ。少しゆったり流れる展開になれば・・・

クレバートウショウ】牡5 58.0 (栗東) フジキセキ×(トウショウボーイ)
前走の京王杯SCでは初の東京、久しぶりの1400mということもあってか
いつもより少し後ろの位置取りになって伸び切れず5着。
前にくっついて行って最後に伸び脚を使える馬ですが、
一線級の馬相手だと届かない印象。位置取りと仕掛けどころ次第で
粘りこみがあるかもしれませんが、それでもヒモがあるかどうか、という評価。

コスモセンサー】牡4 58.0 (栗東) キングカメハメハ×(リヴリア)
勝つか凡走か、という成績(爆)前走の京王杯SCでは前残り気味の
展開に乗って4着と頑張りましたが、年明けからの重賞成績は
かなり厳しく、上位馬相手に逆転するような要素には欠ける印象。

サンカルロ】牡5 58.0 (美浦) シンボリクリスエス×(Crafty Prospector)
阪急杯を制し、高松宮記念でも2着と好走しましたが、
1600mではNZT以来、好走がありません。
結果を出しているのは内回り、小回りの競馬場ばかりで
東京芝コースではNHKマイル以降(0-0-0-6)と散々。
それも最高位が8着ですから惜しい競馬すらありません(T_T)
基本的には後ろになり過ぎる点が原因だと思われますが
長く脚を使うタイプではなさそうですね。
余程の前崩れの展開にならないと・・・厳しそうです。

ショウワモダン】牡7 58.0 (美浦) エアジハード×(トニービン)
昨年の安田記念を制して以降、8走して最高位が5着、半分の4走は
二桁着順とまるで面影のない成績になってしまっています。
馬格があるので斤量の影響とも考えづらく、陣営も不本意だと思われます。
読売MCで5着と復調の兆しも無きにしも非ずではありますが
そもそも、昨年のような極端なレースにならないと出番はないかも・・・。

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック