けいけん豊富な毎日

ダービー回顧(適性と性能と)   担【けん♂】

台風接近により、09年に続いての不良馬場ダービーが行われました。

今年は震災の影響でローテーションも変わり、皐月賞も東京開催・・・
最後の仕上げのダービーまで不良馬場と本当にイレギュラーな
になりました。
重なる時には重なるもんですね。

展開一つで大きく結果が変わりそう、ということで
少しフルスイング気味に予想をしてみましたが・・・

予想は→ココ

結果は・・・

1着×オルフェーヴル   2.30.5  上がり34.8
2着 ウインバリアシオン  13/4
3着△ベルシャザール
4着×ナカヤマナイト
5着▲クレスコグランド

10◎ユニバーサルバンク
12○デボネア

※全着順は→ココ

しとしとと雨が降り続いており、馬場の水気は飽和状態。
水はけのいい東京競馬場ですが、さすがに許容量を超えてしまっていました。
09年も不良馬場でしたが、天気は曇りとなっており、
内が伸びやすくなっていたのに対し、今年は雨の真っ最中。
こうなると内ではなく馬場中央辺りの外が伸びやすくなるのが
東京競馬場の特徴です。
(池添騎手もレース後のインタビューで外伸びである点にふれていました)

内からオールアズワン、外からノーザンリバーとユニバーサルバンクが
並んで上がって行き、ショウナンパルフェ、トーセンレーヴも前へ。

ハナを奪ったのはオールアズワンでしたが、外枠の馬が大挙して
被せて行ったため、内の馬はちょっと下げる形。

中段前にベルシャザール、トーセンラー。
その後ろにサダムパテック、ナカヤマナイト。

クレスコグランドは後方の一角。
デボネアもその後ろの位置取りとなりました。

オルフェーヴルは後方から4頭目辺り。
ウインバリアシオンがさらに後ろにつけて、逃げてもいい、と
言っていたロッカヴェラーノが後ろから2頭目(爆)
前走で大差負けしていたリベルタスが今回も最後方。

12.7-11.3-12.8-13.1-12.5-13.0-13.2-12.8-12.6-12.3-12.2-12.0
前半1000m 62.4
中盤400m  26.2
後半1000m 61.9

ポツンと離して逃げたオールアズワンでしたが、ペースはかなり緩め。
後方集団は相当なスローペースとなりました。

カーブをゆったりと周って、出口に向けて徐々にペースを
上げて行きましたが、余力不足もあってか急加速というポイントはなし。
後方の馬が詰め寄って、直線入り口でぶわっと横に広がる形での
追い比べとなりました。

馬場の外を回して一気に交わして行ったのは・・・ウインバリアシオン。
道中は離れて後方にいたわけですが、あっという間に先頭に立つ勢い。

馬場中央の馬群を割るようにして抜け出したのはオルフェーヴル。

ジリジリとしか伸びない他馬を尻目にこの2頭が圧巻の伸び脚を見せて
完全にマッチレース!

しかし、皐月賞同様、最後の瞬発力の強烈さはオルフェーヴル
完全に一枚上手でした。

最後は1馬身3/4差をつけて完勝!
2冠達成となりました(^^)

2着のウインバリアシオンの後ろは7馬身差!

ベルシャザール、ナカヤマナイト、クレスコグランドが
横並び一線で追い比べとなりましたが、最後はベルシャザール
クビ差で抜けて3着入線。

うーん、それにしても
・オルフェーヴル   34.8
・ウインバリアシオン 34.7

という不良馬場らしからぬ末脚を使った2頭に対し、
その他の馬は36.4~40.2と完全に脚が鈍っていたわけで
なんか「水かき」でもついているかのような違いでしたね(^^;

良馬場ならばまた違った結果もあったのかもしれませんが
ちょっと性能の違いを見せつけたような結果になった気がします。

上位馬の馬体重は

1着 444kg ※ステイゴールド
2着 496
3着 542
4着 458   ※ステイゴールド
5着 496
6着 504
7着 500

まぁ・・・要はデカイ馬+ステイゴールド産駒、ということですね(笑)
斤量に対する耐性が高いステイゴールド産駒は道悪にも強く、
根性とパワーに秀でており、完全に例外扱いで良さそう。
その他の馬は基本的に過去のダービーの傾向どおり、大き目の馬が
上位に来ています。特に道悪になった今回はその傾向が顕著です。

位置取りとコース取りに関しては同じ不良馬場でも
雨が降り続いているかどうか、でガラリと変わってしまいます。
今回は雨が止みそうもなかっただけに、前残りを考えたのは失敗でした(T_T)
なかなかこういう機会はないかもしれませんが今後の東京のレースの
考察に活かしたいと思います。

うーん、オルフェーヴルはまだしも・・・2着がハーツクライ産駒の
ウインバリアシオンとは驚きました。

ノーザンダンサー系の母系との組み合わせですからGⅠでも
好走の余地があるとは思いましたし、東京2400mでは
穴馬率が50%と驚異的な数字を出している安藤勝騎手ということで
推せる材料はあったものの、重馬場適性は血統的には大きくマイナス
うーん、新種牡馬だけにデータが少ないことでブレが出てしまった感じです。
各馬ごとに見る必要があるにしろ、重馬場でのレース経験がないのでは
考察からはどうしようもありませんでした(T_T)

レース後のコメント

1着 オルフェーヴル 池添謙一騎手
オルフェーヴルにとっては一生に一度のクラシックの舞台ですし、
また1番人気にも推されていたので緊張しました。
道中はリズムよく走ることができましたし、直線では窮屈になる場面もありましたが、
持ち前の勝負根性で抜け出してくれました。ダービーの重みを感じていましたし、
この馬でとりたいと思っていました。このまま秋も順調にいって欲しいですね


3着 ベルシャザール 後藤浩輝騎手
この馬のいいところを最大限に見せられたと思います。
馬場はギリギリのいいところを走れたし、周りに馬を置いて集中力を
切れさせないように走らせました。最後は差し返す根性も見せてくれましたし、
最高の走りができたと思います


6着 ショウナンパルフェ 三浦皇成騎手
返し馬からトモを滑らせていました。前々でリズムよく走れました。
最後は切れ味の差が出ましたが、よく頑張っていると思います。
距離が延びた方がいいと思うので、秋が楽しみです


8着 トーセンレーヴ C.ウィリアムズ騎手
以前、馬場の悪いところを通っても大丈夫だったので、
今日も大丈夫だろうと思っていました。しかし、疲れが残っていたせいか、
今日は馬場を気にしているようでした


11着 トーセンラー 蛯名正義騎手
良馬場でやらせてあげたかったですね。あまり大きい馬ではないし、
切れ味があるタイプだけに今日はかわいそうでした


12着 デボネア L.デットーリ騎手
まだ成熟しきっていない馬ですし、思ったよりも馬場がこたえていました

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

けん♂さんと仰るとおり、水かき付いてます。(^^)
直線では、皐月賞と同じような位置から同じように突き放したオルフェーブル。
唯一、皐月賞に出走していなかったウインバリシオンのみ食い下がりましたが、最後は突き放して2冠達成。
混戦といわれた今年のクラシックですが、完全に力の違いを見せ付けられました。
どんな条件でも力を見せていますので、ぜひ海外のビッグレースへの挑戦を見てみたい気がします。

デボネア陣営は、力入れ過ぎましたかねぇ・・・。
馬格のある馬で、大きく沈んだのはデボネアとフェイトフルウォーだけですからねぇ・・・。

タカジョー | URL | 2011年05月29日(Sun)20:18 [EDIT]


お疲れ様でした。

ダービーは、完敗でした。

今回は馬場ですね。
むらさき賞で、ノリが中段から四角で外を回し勝った時、先行勢に見切りをつけるべきでした。

ただ、先行するとヌカしてた、武豊陣営…馬が故障してなかったら、ふざけてますねー。

今年の武豊は地方以外、完全に終わりです(笑)

日の丸 | URL | 2011年05月29日(Sun)22:15 [EDIT]


3冠より

菊花賞でしょ?
あんな不良馬場で34秒台の上がりが繰り出せるなら、3歳の斤量なら勝ち負けできるはず。
それなのにさっきのNHKのスポーツ番組じゃ3冠しか話題にならないのが情けないですね。

ユニヴァーサルバンクはあんな不良馬場で大外枠から逃げをうつのはさすがに辛かった。
藤田か武か福永が逃げると読んだところまでは「正解」だったですけどね。

オークスでのヨシトミの逃げが強烈なイメージとしてあったのがマズかったな。

今回のダービーはアタマでオルフェーブルか穴でべルシャザールが拾えるかが勝負の分かれ目だろうね。
あんな青葉賞の勝ち方のウインバリアシオンはさすがに拾えない…

uta39er | URL | 2011年05月29日(Sun)22:30 [EDIT]


お久しぶりです!

けん♂さんお久しぶりです!
いや~オルフェーヴル強かったですねぇ~
ステイゴールドの子供がダービー獲ったのかぁ・・・と結構しみじみしてしまいました(汗)

個人的には三冠もいいですが今日の馬場、勝ち方を見るとやっぱり行ってほしいです・・・凱旋門賞。

次は安田・・アパパネ出るならまた悩まされそうですねぇ・・・

ザルカヴぁ~ | URL | 2011年05月29日(Sun)23:10 [EDIT]


>タカジョーさん
いやーどうしてここまでキレが違うのか
不思議に思えてしまいます(^^;

おっしゃるとおり、私も海外のレースを
思い描きました。
重い馬場をここまで苦にしないのであれば
チャンスは十分かと。
ナカヤマフェスタよりも勝つ可能性は高い気がします(^^)

デボネアは負けたことにより、さらにダーレーの
力が入ったかもしれませんね。
社台との対決も楽しみになりそうです。

けん♂ | URL | 2011年05月29日(Sun)23:35 [EDIT]


>日の丸さん
東京の馬場状態はやはりその日の様子を見るのが
正解ですね。
伸びるコースなどをチェックしないと
前日予想では難しい面があると今回は改めて感じました。

武豊騎手は・・・スマートファルコン1本ですかね・・・(爆)

けん♂ | URL | 2011年05月29日(Sun)23:35 [EDIT]


>uta39erさん
やはり派手なニュースの方にマスコミは飛びつきますよね(笑)

逃げたのが藤田騎手じゃなくて福永騎手だったら・・とも
思いましたが、雨が降っていた中では差し優勢・・・
今後につなげていきたいものです。

ウインバリアシオンを拾うならば、伸びるコースを
通れそう、という1点だったと思います。
天気が絡むと難しいですよね(^^;

けん♂ | URL | 2011年05月29日(Sun)23:36 [EDIT]


>ザルカヴぁ~さん
お久しぶりです(^^)

ステイゴールドは自身を超える成績の馬を
次々と出して凄いですね~
種付け頭数、牝馬の質を考えても
本当に驚異的・・・

凱旋門賞!行って欲しいですね~
3歳で行くならば過去最高に期待出来るかも?!

けん♂ | URL | 2011年05月29日(Sun)23:41 [EDIT]


凱旋門賞

です。
3冠の「菊花賞」狙いじゃなくてw

ディープでさえ「先行」してしまった凱旋門賞で、今日のダービーのようなポジションでガマンできるのかが唯一の懸念ですけど。

uta39er | URL | 2011年05月29日(Sun)23:50 [EDIT]


>uta39erさん
こればかりは本番になってみないと
わかりませんが、超スローのダービーで
折り合えたならおそらくは位置取りは
選べそうな気がします。

ただ・・・下げると包まれるのが凱旋門賞。
欧州以外に流出したことがないタイトルだけに
外国馬には相当厳しいレースだと思います。
蛯名騎手のように外を回すのが
正解になるのでは・・と個人的には
考えていますが・・・

けん♂ | URL | 2011年05月30日(Mon)10:23 [EDIT]


雨音はベルシャの調べ

「よっしゃ!! そのまま~そのまま~!! ン!? 何か来てるぞ!・・・ベルシャ・・・アホ!後藤!! イラン事すんな!! 粘れッ粘れ~!! アッ!アッ!アァ~・・・アカン・・・(絶句)」

「チ~~ン!」合掌・・・

浮気した罰が当たりました♪(爆)
クソッ! ボクトーリめ!

いや~きさらぎ賞の頃にはクラシックの場に立てるかヤキモキしていたオルフェが2冠馬に成るとは(驚)
ちっちゃい体で不良馬場を克服するパワーとスタミナ・・・私の想像以上の潜在能力を秘めていた様です^^;
ナカヤマはやはり馬場ですかね? これで終わる馬では無い筈だし今後も注目したいです

生憎のお天気でしたが、やっぱり競馬場は良いですね! 安田美沙子は可愛いかったなぁ♪^^

(Oh) Pretty Woman
By Van Halen

ジュサブロー | URL | 2011年05月30日(Mon)17:58 [EDIT]


>ジュサブローさん
いやーやはり浮気は・・・(笑)

オルフェーヴルはスプリングSが延期になった上に
阪神開催にならなければ勝てていたかわかりません。
そうすると皐月賞にも出れなかった可能性も
あるわけで・・・最高に運が味方してくれた馬だと
思います。ダービーを勝つ馬の星ってそういう
ところにもあるのかもしれませんね。

私も競馬場で生で観戦したいものです・・・

The Lady In Red
Chris De Burgh

けん♂ | URL | 2011年05月31日(Tue)02:44 [EDIT]


 

トラックバック