けいけん豊富な毎日

ダービー(騎手データ分析)  担【けん♂】

ダービー(東京2400m)について、今回は騎手に目を向けて
みようと思います。

これまでに色々と騎手データをとってきましたが、そろそろ
データが古くなってきてしまいました(^^;
騎手も人間だけに調子の良し悪しだけでなく、年齢的な衰えもありますし、
逆に熟練度を増して上昇することもあります。
もちろん、ある程度の傾向はあまり変わらないとは思いますが・・・。

本来は直近の1年のデータをずっと取り続けることだと思いますが
これがまた大変な作業になってしまうわけで(爆)なかなか手が回りません。
言い訳すんな!(+`・д・)≡○)゚д。)ノスイマセン

何か集計ツールでも使えばいいのかもしれませんが、
競馬に関しては馬券以外にお金を使わない、というのが基本姿勢なので
手作業でやれることには限界がありますね。
もっと時間があれば・・・とつくづく思います。

今回は各騎手の東京2400mでの実績を調べてみました。

騎手によって人気馬(実力馬)に乗る率が変わるわけで、単純に複勝率を
比較しても本当の意味での東京巧者具合が見えにくいかと思います。
ということで・・・

・支持率:3番人気以内に支持された率
・達成率:3番人気以内の馬を3着以内に持ってきた率(安定度)
・穴馬率:4番人気以下の馬を3着以内に持ってきた率(豪腕度)
・好走率:人気以上の着順にもってきた率


という項目で調べてみました。

ダービー:騎手データ
ダービー騎手

支持率の高い順に並べています。
上の方の騎手は人気馬に乗ることが多い騎手になります。

安藤勝騎手は最も人気を背負いやすい騎手ですが、
よく裏切っている感じ・・・ただし、人気薄の馬でも
強引に上位に持ってきているだけに、実際のところ能力の高さは
秀逸だと思われます。人気に関しては過剰人気気味なのかもしれませんね。

藤田騎手は人気薄では期待出来ず。本質的には得意ではなさそうです。

柴田善、川田騎手は人気馬なら信用出来そう。
逆に人気薄では微妙です。

蛯名騎手もよく裏切っている上に人気薄でも微妙。

浜中騎手は騎乗回数自体が少ないですが、今のところ実績ゼロ。

武豊騎手は思ったほどは人気をしていませんが、穴馬率の高さが
目に付きます。やはり実力の高さは抜群なので侮れません。

四位騎手は・・・人気馬に乗ったときのみ注目、という感じ。

福永騎手は人気馬での安定度が低い割に穴馬での好走があるタイプ。

岩田騎手は人気馬でも半々・・・人気薄なら洋ナシ。

田中勝騎手も信用出来ないですね。人気薄の方がまだ狙い目かも?

三浦、池添、後藤騎手はほとんど人気を背負いませんが(爆)
人気馬に乗ったら信用出来ます。
三浦騎手、池添騎手はどちらも人気以上の好走はしているので
苦手なコースではない感じ。
後藤騎手は人気薄での好走も微妙、人気以上の好走も微妙・・・。

小牧騎手はまったく人気を背負っていません(笑)
しかし、穴もあけていますし、人気以上の好走も多いですね。
意外に?得意コースなのかも。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お節介かもしれませんが

iPhoneアプリの「買える騎手」

便利ですYO

Xaar | URL | 2011年05月27日(Fri)23:05 [EDIT]


>Xaarさん
携帯アプリでもそういうのがある時代なんですね~
ありがとうございます(^^)

・・・旧式の携帯ですら使いこなせていない
私はもう少し機械に強くならねば・・・(爆)

けん♂ | URL | 2011年05月28日(Sat)04:15 [EDIT]


 

トラックバック