けいけん豊富な毎日

ダービー(重馬場適性分析)  担【けん♂】

残念ながら関東地方は金曜辺りから週末にかけてずっと雨模様という予報。
来週の月曜まで雨マークになっている、ということはダービーの出走時間も
雨が降りやんでいることはなさそう・・・。

もちろん、今後に予報が変わってくることもあるので注意が必要ですが
このままいくのであれば重馬場適性や位置取りが大きく作用する
レースになってきそうです。

場合によっては・・・09年の不良馬場ダービーの再現も?!

ひとまず、血統別の重馬場適性について一覧にしてみました。
まだ出走数自体が少ない新種牡馬に関しては今後に傾向が
変化していくこともあるので要注意。
血統のイメージに各馬のレース実績などを加味して考える必要が
あると思われます。

血統別重馬場上昇度
ダービー重馬場

今年は出走馬のほとんどがSS系で占められています。
キングカメハメハ産駒が1頭、タニノギムレット産駒が1頭
入っていますが、どちらも母父はSSということで
完全にSS系独占状態・・・。天気が崩れたときこそ
ノーザンダンサー系の出番だったりするんですが・・・・残念です。

ステイゴールド産駒は稍重程度だとかえってマイナスですが
重馬場以上になってくると極端に上昇。
不良馬場で行われた09年のダービーでもステイゴールド産駒の
ナカヤマフェスタが4着ながら最速の上がりを記録しており、
位置取りさえまともなら圧勝していた可能性があります。

タニノギムレットも稍重まではしっかりこなす重馬場巧者の血統。
重馬場以上でも大きな低減はなく、相対的に期待出来そうです。

マンハッタンカフェ産駒は出走数が増えてくるにつれ、
重馬場巧者の色が薄れてきましたが、稍重までは上昇が見られます。
09年のダービーではアントニオバローズが3着。
母父がキングマンボというのも大きかった感じがありますが
湿った馬場なら侮れません。そういえば、2着に食い込んだ
リーチザクラウンの鞍上は武豊騎手でしたね・・・。

ネオユニヴァースも稍重まではこなす力があります。
ただし、重馬場以上になるとガクッと低下。
本質的には重馬場巧者とは言えない印象です。
キレが活きない馬場状態自体は歓迎、という感じでしょうか。
ロジユニヴァースのように前に行けるならば・・・再現も?

キングカメハメハ産駒は全体でみると湿った馬場はマイナスですが、
産駒によって極端に重馬場の巧拙は分かれる印象です。
元々キングマンボ系の系統は重馬場上昇度が高いので、
そのままの血を受け継いでいるならば・・・雨は歓迎になるかも。

アグネスタキオン、フジキセキも産駒によって差がありますが
基本的に雨はマイナス。こなせても稍重まで、という感じだと
思われます。

ハーツクライ産駒は・・・極端に重馬場以上の成績が悪く、
このまま出走回数が増えていったとしても湿った馬場を苦手にする
傾向は変わらない感じに思えます。

ディープインパクト産駒は良馬場の成績が良すぎて、
湿った馬場はマイナスになっていますが、単純な複勝率だと
全体の中ではNo1・・・評価が難しいですね(^^;
キレに特化したタイプは厳しいかもしれませんが、
ある程度パワーのあるタイプは湿った馬場をこなせそう・・・。

東京競馬場は雨がやむと内伸びの馬場になりますが、
雨が降っている最中はむしろ馬場中央付近が伸びやすくなるようです。
無論、キレは殺されるのである程度前につけることが出来る馬を
重視したいところ。

あくまでイメージですが・・・

・ロジユニヴァース→ユニバーサルバンク
・アントニオバローズ(&武豊)→ロッカヴェラーノ
・ナカヤマフェスタ→ナカヤマナイト&オルフェーヴル

09年の再現ならばこんな感じでしょうか?(^^;

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック