けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇賞春(体重別実績)   担【けん♂】

天皇賞春(京都3200m)の外堀埋め、第2弾です。

今回は体重と斤量負担について考えてみたいと思います。

天皇賞春:体重別実績(01年~)】
天皇賞春体重

480kg~500kg、500kg~520kgの馬の実績は
ともに3勝というだけでなく、複勝圏内の成績を比べても
ほぼ同じくらいですが、出走頭数の割合から考えると
微妙に500kg~520kgの馬が優勢。

基本的には馬格のある馬が有利な傾向が出ていますが・・・
520kgを超える大型馬になると09年の2着にアルナスラインが
飛び込んでいるだけ・・・と言っても出走頭数自体が非常に少ないので
割り引く必要はなさそうです(^^;

460kg~480kgの馬ではジャガーメイルが昨年の天皇賞を勝利しましたが
これは01年のテイエムオペラオー以来、という快挙。
02年にはジャングルポケットが2着に入っており、血統の力、恐るべしですね。

他の好走例は03年、05年と大荒れだった年に限られているだけに
メンバーの質が高い場合にはGⅠ馬以外はこのゾーンも割引が必要かもしれません。

460kgを切る馬で勝ったのはディープインパクト、ヒシミラクルの2頭。
余程特別な馬かレベルに疑いがある年以外は割引が必要だと考えられます。

とはいえ、3着にはトウカイトリック、ストラタジェム、アイポッパーが
入っているだけに、あっさり切ってしまうのは怖い印象。
ステイヤー路線で格別の活躍をしている馬、もしくは・・・
06年のディープインパクトの年のように上位馬が強過ぎて、
3着とはいえ大きく引き離されてのなだれ込み、みたいな展開になった場合は
何が起こるかわからない、という感じでしょうか(^^;
(昨年のメイショウドンタクもある意味、こういう特殊例かと)

天皇賞春は牡馬が58kg、牝馬が56kgを背負うことになりますが、
牝馬の出走は数が少なく、好走例もありませんので、
実質斤量負担に直してみるよりも、体重で線引きした方が
わかりやすいかもしれませんね。

※実質斤量負担=斤量÷馬体重(%)

目安としては12.0%以下の馬(約480kg以上)が好走ライン。
12.0~12.5%までの馬までは一応好走域にありますが、
全体のレベルや、その馬の実績が抜けているかなどをチェックする
必要がありそうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【 天皇賞春 2011 展望2 ~ 本番に繋がる前哨戦のラップ 】

東北地方太平洋沖地震災害義援金の受け付けについて(ジャパンネット銀行) 東北地方太平洋沖地震の被災者義援金について(楽天銀行) トラコミュ (4/30東京) 第18回 青葉賞(GII) (5/1京都) 第143回 天皇賞(春)(GI) ~過去記事~...
[続きを読む]

ア ナ コ ー 【穴】馬を【攻】略するブログ | 2011年04月27日(Wed) 07:01


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。